お風呂でハミガキをすると良いらしい…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

噂の真相を、調べてみました。お金をかけずに、毎日行うことのタイミングを変えるだけで、より美しくなれるのなら、最高ですよね。果たして、どのような効果があるのでしょうか。

1,新陳代謝が良くなり、唾液も豊富に出やすくなる。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

これは、入浴によって血行が良くなるから、だそうです。お風呂で温まることで、副交感神経が優位になり、その状態で口内を刺激すると"サラサラの唾液"がたくさん分泌されるのだとか。

2,若返りホルモン「パロチン」が分泌される。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

パロチンには、骨や歯の再石灰化を助けたり、皮膚の新陳代謝を活発にする効果など、身体中を若返らせる効果があります。パロチンは、唾液腺ホルモンの一種で、唾液から分泌される、人が本来持っている天然の成分です。

3,時間をかけてじっくりハミガキをすることが出来る。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お風呂で、湯船につかりながらハミガキをすれば、自然と長い時間、歯を磨くことが出来ます。15分、20分とお湯につかっていたら、歯の1本1本を、丁寧に磨けて、磨くことでパロチンも分泌されるとなると、良いことづくめですね。

当然、虫歯や歯周病の予防に繋がります。

4,ゆっくりハミガキが出来るので、歯磨き粉いらず。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

研磨剤が入っている歯磨き粉だと、歯を痛めてしまうことも考えられますが、時間をかけて磨けるのであれば、夜のハミガキは、歯磨き粉いらず。

歯みがき粉によるすっきり感がない分、しっかりと磨きたくなります。汚れが取れたかを確認しながら磨くことで、ハミガキをすることも上手になりますし、リラックスしながら歯をきれいにすることが出来ます。

5,リラックスすることで、パロチンの分泌を促すことが出来ます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ストレスや加齢で分泌量が減ってしまうパロチン。だからこそ、リラックスしたお風呂で、歯を磨くことで、分泌を促してみてはいかがでしょう。浴槽に浸かって歯磨きする以外では、「たくさん噛む」のも有効です。

良く噛んでお食事をした後に、お風呂でゆっくりと歯を磨くと、1日の終わりにリラックスが出来て、美容にも良いと思います。

いつまでも、若々しく、美しく。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

人間誰しも平等に時を重ね、年齢を重ねて行きますが、少しでも美しく健康に、時を重ねて行きたいものです。お風呂でハミガキ。毎日出来る生活習慣ですので、ぜひ取り入れてみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら