「和製英語+る」で動詞にしちゃってます!

動詞として使うには、「する」を付すのが本来的な用法であるが・・・

語尾にラ行五段活用語尾を直接付けることで、動詞としちゃう!

このような造語法がいっぱい存在するのだが

「サボる」は日本語だと思ってた人が多い

出典 http://www.gettyimages.co.jp

フランス語「サボタージュ(sabotage)」の「サボ」に「る」をつけて動詞化した言葉。

「サボタージュ(sabotage)」⇒ 過失に見せかけ機械を破壊する、仕事を停滞させるなどして経営者に対し損害を与える事で事態の解決を促進しようとする労働争議の一種。

日本では大正時代に既にサボるという言葉が使われていた。

怠業などによる労働争議は大正時代を象徴する出来事だったのである。

サボタージュという言葉が日本で怠業の意味として流行し始めたのは、1920年(大正9年)に村嶋歸之により書かれた『サボタージユ—川崎造船所怠業の真相』によったとする説がある。

出典 http://ja.wikipedia.org

+「る」で動詞化はいっぱい存在している!

「ダブる」も普通に使いますよね

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ダブるとは「2倍」「重複」といった意味の英語“double(ダブル)”を動詞化したもの。

ダブるは「重なる」「重複する」といった意味で使われる。

学生の間では留年により、同じ学年を再度することをダブるという。

「トラブる」の語尾は平仮名だと動詞

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「トラブルが起きる」意味として英語の“trouble(トラブル)”の動詞化

これに限っては、語尾の「る」が語源と『ダブる』から分かり難いw

「昨日、仕事でトラブってさぁ~。」こんな感じで使うかな。

「ミスる」だって同じ原理

出典 http://www.gettyimages.co.jp

失敗しちゃった!って意味なんだけど「ミス(miss)」の動詞化。

「ミスる」と「トラブる」は同時に使っちゃうときもあるかも・・・

「ミスってトラぶっちゃった」ってね。

「ハモる」ってのもあるか!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

歌を歌うときに「ハモる」と気持ちいいですよね。

「和声」「調和」を意味するハーモニー(harmony)に動詞化。

歌以外にも使ったりするのかな。

「ディスる」はあんまり使わないけど・・・いっしょ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「ディスリスペクト」(disrespect)=軽蔑、無礼の動詞化。

人を軽蔑する、馬鹿にするという意味。

テレビ出演したラッパーが使っていて、広まったのかな。

「テンパる」ってのもあるね

出典 http://www.gettyimages.co.jp

麻雀用語で「あと一枚で上がれる状態」を意味する『聴牌(てんぱい)』の動詞化。

焦る、いっぱいいっぱいになる(余裕がない状態になる)こと。

「気性」などを意味する英語の「temper(テンパー)」に由来との説も。

「ミスって、トラぶって・・・テンパる」外来語だらけw

そうそう「メモる」も使ってるかも!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

もう・・・これは完全に日本語化しちゃってるから説明不要!

でも、最近はメモ用紙にペンでメモるってこと少ないのかな?

最近は「ググる」をよく使うかな?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

これも既に国語辞典にも載るぐらいにまで定着しつつありますね。

ただ・・・グーグルって・・・外来語でいいのかな?

この記事を書いたユーザー

MasakaZ このユーザーの他の記事を見る

面白いこと、ためになること・・・自分が気になった事を記事にしていきたいと思います。
アメーバ以外でも記事を書いています!Twitterもやってるのでフォローお願いします(@TubeRalin)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス