毎日の晩酌を楽しみにしている皆様には・・・なんとも・・・

出典 http://www.gettyimages.co.jp

つまみにピッタリのフライドポテトを材料にビール!!

なんだか、羨ましいような話ですが・・・

一体、どんな話なんでしょうか?

とっても稀な奇病「ビール自動醸造症候群」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

こんな施設が体内にあるんだと思う。

しかも、原料は自分で食べた食事だっていうんだから・・・

本当に奇病です

CASE① フライドポテトで醸造しちゃうニック・ヘス氏

出典 http://www.gettyimages.co.jp

症状は、胃や腸の中でたくさんのイーストが生成され、アルコールが製造され酔っ払ってしまうというもの。

「可笑しな話だよ。ポテトを食べただけで、本当に突然、僕は下品でマヌケな奴になるんだ。1年間、毎朝起きると吐いていたよ。ポテトを食べてから数日後に酔っぱらう時もあれば、本当に突然に酔っぱらうこともあった。」

出典 http://blog.livedoor.jp

出典 YouTube

CASE② ベーグルやパスタで醸造しちゃう61歳男性

出典 http://www.gettyimages.co.jp

アメリカ・テキサス州の病院の緊急処置室にめまいを訴える61歳の男性。

病院の看護婦が男性を呼気検査をしたところ男性の血中アルコール濃度は0.37%。

テキサスにおいてこれは運転における法定基準のほぼ5倍にあたる数値。

この男性はその日1滴のアルコールも摂取していなかった。

男性は例えそれが日曜日の礼拝後であっても唐突に酔っぱらってしまう

という症状を持っており・・・

何人かの専門家は彼について「隠れて飲酒している」と記録したのだが・・・

男性の腸の中はビールの醸造所のような作用を持ち、炭水化物を発酵させていたのです。

出典 http://gigazine.net

男性は出芽酵母(イースト)に感染しており、ベーグルやパスタなどでんぷんを摂取すると酵母が糖をアルコールに変えるため、腸内でビールを醸造、結果として食事をするだけで酔っぱらってしまうのです。

出典 http://gigazine.net

日本でも1970年に報告されていた!!

デューク大学の微生物学者Joseph Heitman氏によると、イーストは通常人間の体内に取り入れられても危害を及ぼさないのですが、まれに長期にわたって体内にとどまり問題を引き起こす可能性もあるとのこと。Heitman氏によれば出芽酵母は腸の中で成長する可能性があるものの、それが何らかの疾患と関係しているかなどは明らかになっていないそうです。

出典 http://gigazine.net

羨ましいような話ですが・・・酒税法に抵触してそうw

出典 http://www.gettyimages.co.jp

酒類を製造する場合には税務署長の免許が必要となります。

ただ、ビールの製造免許は、年間の製造見込数量が60キロリットルに達しない場合には受けることができません。

酒類の製造免許を受けないで酒類を製造した場合は、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられるほか、製造した酒類、原料、器具等は没収されることになります。

出典 https://www.nta.go.jp

そんなわけないかw

この記事を書いたユーザー

MasakaZ このユーザーの他の記事を見る

面白いこと、ためになること・・・自分が気になった事を記事にしていきたいと思います。
アメーバ以外でも記事を書いています!Twitterもやってるのでフォローお願いします(@TubeRalin)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス