「歯の矯正は、どうしたら健康保険が適用になるの?」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

このように思われる方は、多いのではないでしょうか。

自費治療だと安くても100万円近く、治療方法や装置・期間によっては数百万円かかることも、決して珍しくありません。一方、健康保険適用の方は治療が3・4年と長期にわたっても50万以下で終わることが殆どです。

今日はその、秘密をお教えします。

条件その1:歯の矯正のみでは、治しきれない症状であること。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

少し分かりにくいかもしれませんが、ワイヤー矯正で歯並びを治したことで、噛み合わせが完治するような方は自費治療扱い、健康保険での治療は出来ません。

健康保険扱いで治療が出来る方は「骨格に支障があり、ワイヤー矯正で歯並びを整えても、十分な噛み合わせ・機能回復が出来ない方」になります。

受け口や、上顎前突など、「外科的矯正治療をする方=手術が必要な方=顎変形症の方」が対象です。

補足:健康保険適用で手術と歯列矯正が出来る「顎変形症」とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

上顎前突症・下顎前突症(受け口)・開咬症・非対称症・ 下顎後退症(小下顎症)

このような症例を言います。顎は大きくても小さくても、位置がずれていても、正しく噛むことは難しいのです。

条件その2:指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)で治療を受けること。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

健康保険適用の症例でも、保険が使えるのは、指定機関で治療を受けた場合に限ります。

指定自立支援医療機関とは、厚生労働省から認定を受けた医療機関のことです。厚生労働省の設けた基準(設備・人材など)をクリアしている医院のみ認定されます。健康保険で治療をしたいと言う場合は、必ずこちらの機関で治療をしましょう。

条件その3:必ず外科手術を受けること。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1,健康保険が適用。

2,指定病院で治療をする。

実は、これだけでは不十分です。健康保険が適用になる為には「外科手術を要する矯正治療」であることが条件ですので、この症状があっても、手術を受けなければ、治療は自費扱いになります。

治療開始後に「やっぱり、手術は辞めます!」という場合も、過去にさかのぼって自費で支払いが必要になります。注意しましょう。

条件その4:矯正装置は、「表側のブラケット着用のみ」。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

健康保険で治療をする場合、使用できる装置は、表側にブラケットを装着するタイプのみです。裏側からの矯正やマウスピースを使用した矯正は自費扱いになります。

また、「透明のワイヤー」も使用することが出来ません。あくまでも金属のワイヤーのみです。(2015年3月時点での条件)

条件その5:サージェリーファースト、は出来ません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

患者さんの中には「矯正を始める前に手術をしてほしい!」という要望をする方もいらっしゃるそうです。

ですが「術前矯正➡手術➡術後矯正」と治療の手順が決まっています。この手順を守ることで健康保険が適用になりますので、先に手術を行うことは出来ません。

費用の目安は、こちらです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

<外科手術を行った場合の費用>

・矯正歯科医院
 矯正治療費 30万円前後

・外科手術を行う医院
 手術費用+入院費 20万円前後

※入院前に「限度額認定証の申請」を行った場合、こちらの費用になります。申請をしない場合、健康保険適用でも手術代は60万円程度かかります。

※生命保険に加入している場合、殆どの保険会社から見舞金がおりる症例です。退院後に申請をしましょう。

治療期間と、手術可能な年齢は…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

手術は、顎骨の成長が終わる16歳から18歳以上と言われています。

矯正治療期間は、術前矯正➡手術➡術後矯正➡リテーナーと合わせて2年〜4年程度と言われています。こちらは個人差が大きいです。

正しい治療で、美しい噛み合わせと歯並びを手に入れて、人生をたのしむ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

噛み合わせや歯並びに問題があると、見た目だけではなく心も暗くなりがち。

正しい治療をして、好きなものを食べられるようになって、思いきり笑えるようになったら、人生はさらに、たのしいものになりそうですね。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら