記事提供:バズプラスニュース

誰もが、「自分が住んでる地区って治安は良いの? 悪いの?」と思ったことがあるはずだ。日本は平和な国とはいえ、残念ながら事件は毎日発生している。できるだけ安全な地区に住みたいのが、当然の心理といえるだろう。

・非常に細かく治安の良し悪しを表示

皆さんは、自分が住んでる家の治安がすぐわかる、警視庁のサイト「事件事故発生状況マップ」をご存知だろうか? 東京都内の治安がわかりやすく表示されるマップで、非常に細かく治安の良し悪しが表示されるのだ! 「○○区○○町○丁目」など、自分が住んでいる区画を細かくチェックできる!

・粗暴犯や侵入窃盗など細かくチェック

しかも、発生している事件ごとに表示することができ、ひったくり、侵入窃盗、車上ねらい、自動車盗、オートバイ盗、自転車盗、粗暴犯(暴行、傷害、恐喝等)から選ぶことができる。すべての事件をまとめて表示することも可能だ。

・治安が悪いと赤く表示される

治安が悪い(事件発生数が多い)地区は赤で表示され、1件でも事件があると緑、まったく事件が発生していない地区は白く表示される。たとえば東京都新宿区周辺の場合、侵入窃盗事件が多発しているようで、歌舞伎町周辺や西新宿で頻発しているようだ。渋谷駅周辺も事件が多発している。

・このマップで次の引越し先を決める!?

あなたの家が東京都内にあるのなら、住んでいる地区の治安を調べることができる。特に女性は、ひったくりや粗暴犯、侵入窃盗あたりに気をつけたいところ。このマップを調べて、次の引越し先を決めるのも賢いやり方だ。

・防犯の意識を持って生活

とはいえ、治安が良い地域だとしても犯罪は発生しえる。普段から、犯罪に巻き込まれないよう、防犯の意識を持って生活することがいちばん大切かもしれない。

Via: 事件事故発生状況マップ(警視庁)

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス