掃除嫌いな主婦の皆さまこんにちは、ライターのシノヅカヨーコです。今回は、自他共に認める意識低い系主婦のわたしが、四ヶ月かけてじっくりと焦げ付かせた小汚いヤカンを、ピカピカのオシャレケトルに大変身させる裏ワザをレクチャーします。

こちらが問題のヤカンです。汚い…!

出典シノヅカヨーコ

IKEAで購入しておよそ4ヶ月、コーヒーを淹れるために毎日活躍してくれている699円のケトルの無惨な有り様がこちら。人様に見せるもんじゃねーぞってレベルの汚さですね。主婦としての意識の低さがうかがえます。だって自分しか使わないんだもの。

大きめの鍋に水と重曹を適量入れます。

出典シノヅカヨーコ

掃除に料理になにかと便利な重曹。Spotlightでもたびたび取り上げられるので、「わたしも使ってみたい☆」と張り切って買ったものの、使いあぐねるのがズボラ主婦というもの。大きな鍋に水を張り、使用期限間際の重曹を適当にソイヤ。ざっくりと一握りぐらい入れました。

煮えた重曹水にヤカンを入れてグツグツと。

出典シノヅカヨーコ

ブクブクと泡が立ち始めたら、汚いヤカンを漬けてグツグツと煮ます。素手でやりましたが当然熱いので気をつけましょう。ちなみに重曹は水の段階から入れてくださいね。グツグツと煮えているところに重曹を入れるとブワッと泡立って危険です。

ここでアルミホイルが登場です。

出典シノヅカヨーコ

重曹入りの熱湯で5分ほど煮たらヤカンを取り出します。ヤカンを冷ましている隙に、おもむろにアルミホイルをちぎり、ざっくりと丸めておきましょう。

重曹をつけたアルミホイルでゴシゴシとこする。

出典シノヅカヨーコ

重曹を塗ったアルミホイルでこすります。いかにも嫌な音が響いてきそうな組み合わせですが、案外へっちゃらでした。重曹多めがコツです。

ピカピカ…!仕上がりがコチラです。

出典シノヅカヨーコ

なんということでしょう。あの小汚いヤカンが、こんなに美しいケトルに変わりました。汚い部屋や顔が映りこむほどに輝いています。これで当分買い直しせずに済みそうです。もったいないですもんね。

キレイなケトルで淹れれば、いつものコーヒーも美味しいような気がします。

いかがでしたか。作業時間は煮沸も含めて10分程度。ちなみにアルミ製のヤカンにはこの方法はNGなのだそう。重曹と大きめの鍋さえあれば簡単にピカピカになるので、ぜひ暇なときにでもチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス