記事提供:カラパイア

悲しい映画を観るときは、手元におやつを置かないようにしよう。悲しい映画を観ると、楽しい映画のときよりも55パーセントも多く食べ物を口にすることが判明したからだ。

米コーネル大学のブライアン・ワンシンク教授らは、被験者にライアン・オニールとアリ・マッグローの涙なしには観られない恋愛映画『ある愛の詩』か、笑える『メラニーは行く!』を鑑賞してもらい、その間、様々なスナック菓子を提供した。せん。生中華めんのみの冷凍保存をお薦めしております。

その結果、『ある愛の詩』を観たグループが涙を拭った後に判明したのは、36パーセント多くポップコーンを食べていたことが判明した。

2番目の実験では、映画館の床とゴミ箱の中からポップコーンの箱を回収し、どの映画で空箱が多かったのか確認した。するとジョージ・クルーニーの感傷的な『ソラリス』では、『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』で大笑いした観客よりも55パーセント多くのポップコーンが消費されていた。

研究チームによれば、これは食べることで自分を慰め、気分をよくしようとすることが原因だ。

なお、ウェストラインに悪いのは悲しい映画だけではない。これまでの研究で、アクション映画が食欲を刺激することも明らかとなっているからだ。ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンのSFアクション『アイランド』では、おしゃべり番組を観ていたグループよりも多くの食べ物が手に取られていた。

「まるで映画のテンポに合わせて、食べていたみたいです」と共同研究者のアーナー・タル氏。

映画は悲しみを癒そうと感情的な食欲も作り出してしまう。ポップコーンやアイスクリームなど、映画鑑賞中の定番おやつはダイエット中の人には大敵だ。とは言え、好きな映画をわざわざダイエットのために避ける必要もないだろう。

ワンシンク教授が勧めるのは、ただ手元におやつを置かないようにすることだ。映画が面白いほどにいい場面を見逃すまいと席を離れる頻度が減るだろうから、それで事足りるわけだ。どうしても口寂しい映画ファンなら、ポップコーンやデザートの代わりに、カットした果物や野菜を用意するといいそうだ。

via:dailymail・原文翻訳:hiroching

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス