最強!活動53年の長寿バンド

来月で、結成53年になるローリング・ストーンズ。小学校から聴き始め、初来日を皮切りに日本公演は数回行っております。大掛かりなステージセットやパフォーマンスは、さすがショービジネスの大御所といった貫禄。
最近では「シーズ・ア・レインボー」がCMで使われるなど、いまだに色あせない曲の数々も魅力です。

そんなストーンズのメンバーは、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、ビル・ワイマンが主な固定メンバーですが、実は知られていない幻のメンバーが存在していたのをご存知でしょうか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

不慮の死を遂げた、初期メンバーであったブライアン・ジョーンズ。
彼のファンはいまでも周囲にいるほど、カリスマ性のある存在でしたね。
彼は亡くなる当時、ミックやキースなどのメンバーとの確執が噂されていました。音楽活動上の意見の食い違いを始め、プライベートでは恋人が他のメンバーに乗り換えるなどの不運にも見舞われます。
そんな中での突然のプールで溺死という悲劇は、実は今でも謎の多い事故死とされているようです。

ブライアンの存在は特に知られていない事でもなく、当然彼は「幻のメンバー」ではありません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

じゃあ、ミック・テイラー?(一番左)

いえいえ、もちろん違います。彼はアルバム「イッツオンリーロックンロール」などを始め、初期を中心に参加していましたよね。
近年もステージなどで参加しているようですし、彼の存在は多くの人に当然知られています。

デビュー直前に外された幻のメンバー

ローリング・ストーンズはデビュー直前の1963年には、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ブライアン・ジョーンズ、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツのメンバーがまとまります。
ところが、実はさらにもう1人のメンバーがずっと一緒に活動していました。
そう、デビュー直前まで。

出典:自己所有

イアン・スチュアート。
彼はデビュー直前に、当時のマネージャーによって「カリスマ的な魅力に欠ける」との理由から外されることになるのです。

彼のキャラクターを知る資料やエピソードなどはあまり知る手段もなく、何とも言えませんが、確かに見た目の印象は真面目な人物といった感じで、なんとなくうなづける気もしなくはありません。
しかし、彼はその後もロードマネージャーとして留まります。やけにもならず裏方に廻ってメンバーを支えたんですね。

出典:著者蔵書

数々の伝説を残しながら、半世紀を過ぎても尚現役のバンド、ローリング・ストーンズ。

ここまで来たら100歳まで活動して欲しいものです。なんて!

この記事を書いたユーザー

black rose このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら