世界には日本人が驚くような文化や習慣が数多くありますが、ブラジルにはなんと住民が女性ばかりという不思議な村が存在します。しかもこれが、住民のみなさん美女ぞろいというのですから、さらに驚きです。

村の名前は「Noiva do Cordeiro」

ブラジルの南東部、ベロオリゾンテという街から東へ約100km進んだ山あいにある村「 Noiva do Cordeiro(ノイバ・ド・コルデイロ)」が住民が女性ばかりの村です。人口は600人程度。20~35歳が中心なのだとか。

女性ばかりの村ですが、中には結婚している村人も。いったいどういうことなのかというと、実はこの村「村人の夫は基本的に村の外へ出稼ぎに出る」という決まりがあり、夫が村に戻る事を許可されるのは週末のみ。

既婚者がいれば当然村には子供もいるのだが、男の子は「18歳になったら成人男性とみなし村から出て行く」のが決まりなのだという。

慢性的に結婚相手不足なのだとか

男性は例外なく出稼ぎに出て行ってしまうため、この村の女性たちは結婚相手が不足しているのだとか。

こんなに美人ぞろいなのだから、そんな事はないのではと思ってしまうが、この村の住民たちは皆、結婚後もこの村で暮らすことを望んでいるので「村の掟を守れる男性」を募集しているのだそうです。

村の歴史とは

村の歴史は1890年代までさかのぼります。姦通罪で教会を破門された女性が、1891年に自分の村を追い出され、一緒に村を出た他の女性たちとともに、この地に住み始めたのが村の始まりなのだといいます。そのため今でも住民たちは偏見に苦しんでいるのです。

「私たちは恋に落ちる事と結婚が夢。しかし、私たちはこの村が好きで、夫を見つけるために町を離れる事はしたくない。」と語る住民。女性は男性よりもっと良いものがたくさんある。私たちの村は男性が運営している場合よりもはるかに調和のとれているのだと、胸を張って村の女性たちは語るのでした。

この記事を書いたユーザー

すがたもえ子 このユーザーの他の記事を見る

温泉ソムリエ、ライター。
旅やお祭りが大好きで、少し変わったスポットに足を運んでいます。
お化けから宇宙まで幅広く興味があり、不思議系や動物ネタも大好きです!
google.com/+すがたもえ子

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス