3月から始まった2016年度卒業予定者の就職活動…。就活生のみなさんは順調なスタートを切ることができたでしょうか?就活で何よりも大切なのは、良い第一印象には欠かせない「清潔感」です。ここで、就活生が見落としがちな6つの身だしなみチェックポイントを紹介します!

①カサカサの唇

初めての面接や選考で緊張すると、つい乾いているのを忘れてしまいます。面接の待ち時間にしゃべる練習をして口をパクパク…なんて人は特に注意が必要です!そんな時にはリップクリームを使い、唇の保湿をしてあげてください。

②襟元・袖口の汚れ

白いワイシャツに付きがちな黄ばみ汚れも、そんなに目立たないからいいや...なんて思っていませんか?実は、これらの汚れは意外と目立つのです!漂白剤を使うだけでなく、クレンジングオイルや食器用洗剤でも簡単に落ちるので、こまめに洗っておくとよいでしょう。

③袖口のボタン

ワイシャツの袖口についているボタン、皆さんはきちんと締めていますか?開けたままでは、どうしてもだらしない印象になってしまうでけでなく、シャツのサイズが合っていないようにも見えてしまいます。細かいところまで気を使えるアピールをするためにも、ボタンはしっかりと締めましょう。

④ポケットの中

ジャケットやズボンのポケットにあれやこれやと詰め込んでパンパンに...なんてことはありませんか?ポケットの整理ができない人は身の回りの整理整頓ができない、なんて思われてしまうかもしれません。

特に胸元のポケットは目立つので、物を入れるのはやめておいたほうがよいでしょう。

⑤靴のかかと

まだ就活が始まったばかりの方はピンと来ないかもしれませんが、かかとのすり減った靴はマイナスの印象を与えてしまいます。

日ごろから歩き方に気を付けることで、綺麗な状態で就活を乗り切れるはずです。万が一、あまりにも擦れてしまっていたら、新しいものと交換するようにしましょう。

⑥眼鏡の汚れ

これはメガネをかけている人に限った話ですが、ついつい汚れをふき取るのを忘れてしまった経験のある人は多いでしょう。

汚れたままのメガネで面接に挑めば、清潔感のない人だと思われてしまうはずです。普段からメガネ拭きを持ち歩き、こまめに拭くようにしてください。

この記事を書いたユーザー

NNY このユーザーの他の記事を見る

話題のニュースを中心に扱います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス