90年代はロック・ポップス色々なものが、ソロ・グループ問わず生まれた豊作の10年間です。今回はその中で、ソロ・アーチストにスポットを当てます。

VANESSA WILLIAMS・SAVE THE BEST FOR LAST

出典 YouTube

63年生まれ、ニュー・ヨーク出身で、ミス・アメリカにも選ばれたことのある美貌で、モデルとしても活躍。スキャンダルも多かったようですが、シンガーとして88年からヒット・チャートの常連となりました。

そんな彼女の6曲目のヒットシングルであるこの曲は、彼女のキャリア最大のヒットとなりました。日本では頭痛・生理痛の薬でお馴染みの「セデス」のTVCMで流されて、お茶の間でも有名になった曲です。美しいメロディーと声が魅了する珠玉のバラードです。

92年、全米1位を獲得。50万枚以上のセールス。

ELTON JOHN・CANDLE IN THE WIND 1997

出典 YouTube

47年英国のミドルセックス州出身のポップ・シンガー。活動歴は70年の初ヒットから数えても、今回紹介する曲で27年。66曲目のヒット・シングルになるそうです。

そんな超ベテランの大御所と言えるであろう彼が、ダイアナ妃の突然の死に対して捧げたのがこの曲です。元々マリリン・モンローの為に作られた曲のリメイクですが、5人目のビートルズと言われた名プロデューサーのジョージ・マーティンの手によって制作された追悼盤です。

そういった事情もあり、ダイアナ妃の死を悲しむ流れから、大ヒットとなりました。生前の美しかったダイアナ妃に思いを馳せながら、しっとりと聴きたい一曲です。

97年、全米1位を記録。14週間連続。1100万枚以上のセールス。

ROD STEWART・HAVE I TOLD YOU LATELY

出典 YouTube

こちらも大ベテラン、45年英国ロンドンの出身の彼は、ジェフ・ベック・グループやフェイセスといったバンドを経験し、71年からソロでヒットを連打するようになります。

そんな彼の、47曲目のヒット曲は、当時流行だったMTVのアンプラグド(プラグをささない、つまり電子的な技術に頼らず手作業のみのシンプルな演奏のこと)ライブ盤からの曲。シンミリした曲の中に、彼のヴォーカリストとしての生の凄味・技量等、神の領域と言っていいであろう感動があります。

93年、全米5位。50万枚以上のセールス。

AMY GRANT・BABY、BABY

出典 YouTube

60年アメリカ・ジョージア州生まれ、活動のフィールドは主にコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(キリスト教信者のポップ・ソングとでも言えばいいのか?)と言われるジャンルでの狭い活躍だったそうですが、80年後半より一気のメジャー入りしました。

そんな彼女の最大のヒット曲となったこの曲。一般のリスナーからすると、この曲の前にも元シカゴのピーター・セテラとのデュエットなどありましたし、特に宗教色を感じない完全なポップ・ソングと受け止められたようで、広い支持を得ました。とても健康的な曲、といった印象が筆者はありますが如何でしょうか?

91年、全米1位を記録。

RICHARD MARX・NOW & FOREVER

出典 YouTube

「リチャマ」と略すのかどうかは未だに謎ですが、63年シカゴ生まれのポップ・ロック・シンガーです。ライオネル・リッチーに見いだされ本格的にソロとして活動するようになったのが87年。その後、出す曲全てが大ヒットのような状態が続きました。

そんな彼の90年代の最大のヒットがこの曲。当時流行のアンプラグドを意識してか、これまでの力強いパワー・バラード路線から、しっとり路線にシフトしました。アコースティック・ギターの奏でる音と、彼の甘いヴォーカルが最高に噛み合った秀作。

94年。全米7位を記録。

LISA LOEB・STAY

出典 YouTube

ニュー・ヨークをベースに活動していた「リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ」が、映画「リアリティ・バイツ」の挿入歌を歌い、いきなりスターダムにのし上がったシンデレラな彼女。アルバムを出していない状態でいきなり大ヒット・シングルだけ出てきたので、一体誰なんだろうと筆者は暫く思っていました。

そんな彼女のデビュー曲にて最大のヒットとなっているこの曲。女性らしい甘い声と、アコースティックな感じ、そして文学少女のような彼女のルックスも加わり、不思議な世界に引き込まれる秀作。その後ヒットを暫く連打することになりますが、全てはここからでした。

94年。全米1位を記録。




ソロ・アーチスト特集は如何でしたか?

今回は、ソロで90年代活躍したアーチストの楽曲をご紹介いたしました。筆者もこの原稿の為に色々な作品を聴き直しましたが、やはり90年代は奥深い…ベテラン勢もまだまだ元気でしたし、若いアーチストもいっぱい出ました。入門者の方々にも是非楽しんで頂けたらと思います。

最後までお読み頂き有難うございます。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら