アメリカで行われた「Love Has No Labels」と題された企画をご紹介します。アメリカでは裁判を行うとき、仕事を探すとき、融資を受けるとき、部屋を借りるときなど、社会の様々な場で先入観から生まれる偏見が人々の可能性を奪っている状況にあります。

そんな無意識のうちに抱いてしまう先入観について、もう一度立ち止まって改めて考えてもらう目的でこの企画は実施されました。

出典 https://www.youtube.com

2015年、バレンタインデー

出典 https://www.youtube.com

人々の見つめる先には…

出典 https://www.youtube.com

X線スクリーンに映し出された骸骨姿の二人が。二人は抱き合い、キスをします。

出典 https://www.youtube.com

やがてスクリーン左側から女性が姿をあらわします。

出典 https://www.youtube.com

そして、反対側からも女性があらわれます。

出典 https://www.youtube.com

これには観ていた人たちからも驚きの声があがります。

出典 https://www.youtube.com

二人は女性同士のカップルだったのですが、彼女たちの横には「love has no gender(愛に性別は存在しない)」という文字が。抱き合ってキスをするカップルが男女のカップルだと先入観で見ていたことに気付かされます。

そして次々と登場するカップルたち

love has no race(愛に人種は存在しない)

出典 https://www.youtube.com

黒人女性と白人男性

love has no disability(愛に身体的障害は存在しない)

出典 https://www.youtube.com

健常な子とダウン症の子

love has no age(愛に年齢は存在しない)

出典 https://www.youtube.com

年配のご夫婦

love has no religion(愛に宗教は存在しない)

出典 https://www.youtube.com

信仰の違う女性二人

次第に街中が笑顔になっていきます

出典 https://www.youtube.com

先入観によってもたらされる差別や偏見、いじめや戦争などが、数多くの悲劇を生み出していることを改めて認識させられる企画でした。X線スクリーンが映し出す差別や偏見の無い素晴らしい世界を心にとめて、それぞれのアイデンティティを尊重して生きていく必要がありますね。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス