スカイダイビング中にてんかんの発作で意識不明に!

出典 YouTube


22歳のオーストラリア人、クリストファー・ジョーンズさんは2014年11月14にスカイダイビングでダイブした際、空中でてんかんの発作に襲われました。

上空3600m地点からダイブしたクリスファーさんは、2700m地点でけいれんを起こし始め意識不明になり、そのまま30秒も意識不明の状態が続きました。

異常な事態に気づいたインストラクターのシェルダン・マクファーレンさんが、1200m地点でパラシュートの紐を引き、900m地点で意識が戻ったクリストファーさんは無事に着地したそうです。

クリストファーさんは以前からてんかん持ちでしたが、最近は症状をコントロールできていたので、医師からスカイダイビングの許可をもらっていたそうです。

インストラクター視点の見ているだけでぞっとするような映像ですが、突然の状況下で適切な判断を行動に移し、命を救ったインストラクターのシェルダンさんの勇士にただただ感心してしまいます。

クリストファーさんご自身がこのビデオをアップされているので、無事に生還してビデオをアップすることができて本当に良かったです!

この記事を書いたユーザー

honami このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス