歓楽街の路地裏でよく見る『立ちションをするな!』の看板ですが、その看板による”抑止力”なんて、微々たるモノと言っても過言ではありません。

また、なかには防犯カメラで撮影し、警察に通報する人もいるようですが、数十秒で検挙に至る事は皆無でして、まさに”イタチごっこ”という状態が続いているのですが…

ドイツのハンブルグで行われた斬新すぎる『立ちション撲滅計画』。これが、今までにないほど効果的だ!と、現在、世界中で話題となっています。

立ちション被害の救世主となりうるであろう、その画期的な方法とは…なんと!

壁に水をはじく特殊な塗料を塗り、おしっこを跳ね返してやる!という斬新極まりない方法!

↑こちらが超撥水の塗料をつけていない石(左)と、つけた石(右)の画像でして、あきらかに水の飛び散り方が違います。男性なら、この超撥水がどれだけの大惨事につながるか…容易に想像がつきますよね。

イメージはこんな感じ(笑)

『ここでオシッコするな!』

という看板をつけて準備完了。では、どれほどの効果があったのか、動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

コレハ ( ゚Д゚)b イイネ!!!

いつものように立ちションをする人。しかし、今回は超撥水仕様の壁なので…

『ちょっ!!!』

このおじさんに至っては、出し切った後に気づき大惨事に!

ちなみに、斬新すぎる立ちション返り討ち計画。費用は6平方メートルあたりの塗料の値段が500ユーロ(約65000円)程度で、それプラス、作業代とのこと。

正直、防犯カメラの費用と価格的に変わらないかもしれませんが、この最悪な不快感を味わった男性は、この場所で一生、立ちションをすることはないでしょう。これぞ最高の抑止力!立ちション被害で困っている人は、是非、この超撥水による立ちション撲滅作戦…試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら