渋谷駅から5分ほどのところにあるのが今回ご紹介するお店「七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)」です。こちらのお店は、上海で流行している「麻辣湯(マーラータン)」の専門です。麻辣湯とは、スープ春雨のこと。

このお店の人気の秘密は、自分好みにカスタマイズできることなのです!!

麻辣湯は1杯720円です。入店したら、まずは基本トッピングを3品選びます。入口に置かれたカゴに好きな具材を自分で入れます。もっといろいろなトッピングをしたい場合は、1品110円で追加できます。

豚肉や野菜など、全て1セット分に小分けしてあるのでわかりやすいです。何を選んだらいいのかわからない人の為に、お店のおススメの組み合わせが書いてあります。

具材が決まったら、カゴをカウンターの向こうにいるスタッフへ渡しますが、その時にスープの辛さを聞かれます。ボードを見て、辛さを決めましょう。

辛いのは全くダメという方は、迷わず0番を。そうすると、白湯スープのスープ春雨になります。どれくらい辛いのか心配な方は1番で。ちなみに私はピリ辛が好きなので、1番でちょうどでした。

スープの辛さが決まったら、スタッフの方にカゴを渡し「○番で!」と注文します。

スープ春雨だけでは足りない!という方には、魯肉飯(ルーローハン)などのご飯ものもあります。麻辣湯は一人分ずつ作りますが、それほど待たずに出来上がります。

私は、キャベツ、チンゲン菜、ふーたま(揚げ麩)、豚肉をトッピングしました。辛さは1です。テーブルの上の、生ニンニク、山椒、黒酢はお好みでどうぞ。

春雨は、イメージしていたものよりも太く、もちもちしていました。春雨が苦手な方は、+110円で中華麺にも変更できるそうです。1番でも結構辛かったので、辛みに弱い方は0番か0.5などで挑戦した方が良さそうです。

他には無い、独特の辛さや旨味でおいしく感じました。中華麺よりも春雨ということでするすると軽く食べられ、小腹を満たすのにもよさそうです。たっぷりのスパイスで、体の芯からポカポカしました。

春が近いとはいえ、まだまだ風が冷たい日もありますので、ぜひ麻辣湯で芯から温まってください。

この記事を書いたユーザー

みみ このユーザーの他の記事を見る

東京の気になるものを見に行くブログ「お出かけ大好き みみみのごはん」を書いています。
写真多め、おいしいもの多めのお出かけブログです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス