じゃぶじゃぶ洗えないパンプスや革靴、ブーツ。自分の足に馴染んでくればくるほど気になるのが「靴にしみついた臭い」。そこで簡単手早くできる消臭アイデアをご紹介します。どのご家庭にもある身近な食材が、びっくりするほどの効果を発揮しますよ!

1、レモン

たしかに効きそうですね。なぜレモンに消臭効果があるのかといいますと、その豊富に含まれる「ビタミンC」。意外と知られていませんが、ビタミンCには細菌の増殖を防ぐ働きがあります。イヤなにおいの元である細菌を減滅する効果が期待できます。

また、かんきつ系の香りには防臭の効果があるのですが、かんきつ系の中でも最も効果が期待できるのが「レモン」なのです。

靴の消臭剤として利用するのは「レモンのしぼり汁」です。しぼり汁をガーゼやコットンなどに含ませて靴の中に入れておくだけ!においの軽いものであれば、30分ほどでも効果が期待できるので、時間がない時でもOKの優れものです。

2、わさび

古くから「わさび」は制菌効果、消臭効果が期待できるとされてきました。刺身や寿司などの生魚にわさびを添えるのはそのためです。魚の生臭さをとり、細菌を減滅させて安全に食べるという昔からの生活の知恵なんですね。

消臭剤として使用するときは「チューブタイプ」のもので十分です。靴の中敷きの上に新聞紙を敷き、ラップにのせたワサビを新聞紙の上に置きます。その後、靴の履き口をラップで覆って下さい。ふたをする感じです。

ただし、ワサビの消臭効果は長続きしません。10時間以内に取り除くようにしてください。

3、黒こげに焼いた食パンのみみ

えっ?と思われるかもしれませんが、即席で「炭」を作ると言えば納得できるのではないでしょうか?本当は活性炭があれば置くだけで消臭効果が期待できるのですが、ない場合は、パンのみみを黒く焦がして焼いて代用します。

使い方はいたって簡単!まずパンのみみを焼いてこがし、適当な大きさに切ります。靴の中に新聞紙を敷いて「焦げたパンのみみ」を置くだけ!即席活性炭の出来上がりです。

4、最後に

特別な消臭剤を使わなくても、意外と身近にあるものを活用して臭いを消すことができますね。特にレモンは、レモン水にして霧吹きで「即席ルームフレッシャー」皮をはいで「シンクのぬめり取り」風邪をひいてお風呂に入れない時お湯にまぜてタオルに含ませ「即席ボディーリフレッシャー」と大活躍!

余分に何かを買う前に「今あるものを活用してみる」そんなナチュラルでエコな暮らしをはじめてみませんか?

この記事を書いたユーザー

ひぐちえいこ このユーザーの他の記事を見る

健康オタクの1児の母です。生活に役立つライフハックやささっとできる栄養満点レシピ、健康情報などご案内できたら嬉しいです。

得意ジャンル
  • マネー
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら