サッカー日本代表監督がようやく決定したようです

日本サッカー協会は、八百長疑惑で解任になったアギーレ元代表監督の後任としてボスニア・ヘルツェゴビナ出身のヴァヒド・ハリルホジッチ氏(62)を日本代表監督に迎え入れる意向を発表しました。

バヒド・ハリルホジッチ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

日本サッカー協会は同氏とはすでに基本合意に達しており3月12日に行われる理事会での承認後に正式契約すると発表しています。

ところでこのハリルホジッチ氏とはどんな人物なのか?

サッカー日本代表を率いることになるこの新監督の経歴やその功績についてみていきましょう。

現役の頃のポジションはフォワード

出典 http://espn.uol.com.br

フランスリーグの名門FCナントやパリ・サンジェルマンでプレー。81年から86年まで163試合に出場し92ゴール、ナント時代に2度のフランスリーグ得点王に輝いた

FCナント時代のハリルホジッチ氏

出典 YouTube

かなり古い映像ですが現役時代のハリルホジッチ氏のプレーが確認できます。

また、旧ユーゴスラビア代表としては、32試合に出場して8ゴール。1982年にスペインで開催されたワールドカップにも出場経験がある。

監督としての実績

出典 http://www.gettyimages.co.jp

クラブチームではモロッコの名門、ラジャ・カサブランカを率いて1997年のアフリカチャンピオンズリーグを制しアフリカチャンピオンに導き、その後フランスでリールを率いての2部リーグ優勝、翌年は1部リーグ昇格1年目にして3位に食い込み同年の年間最優秀監督に選出

代表監督としてはコートジボワールとアルジェリアを率いておりどちらもハリルホジッチ氏の監督就任中にワールドカップへの出場

コートジボワールを率いた際はFWドログバらを生かし史上稀に見る攻撃的なチーム作りあげ、2010年のワールドカップ南アフリカ大会への出場を決めました。

ディディエ・ドログバ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

予選戦績は8勝4分、29得点6失点。

しかし、本大会前に行われたアフリカネイションズカップ2010準々決勝敗退によって責任をとるかたちで解任されています。

特筆すべきは2014年のワールドカップでの活躍

アルジェリアをブラジルワールドカップへと導く

出典 http://www.gettyimages.co.jp

アルジェリア代表を率いて出場した2014年のブラジルワールドカップでハリルホジッチ氏はサッカーファンに大きなインパクトを与えました。

ハリルホジッチ氏が監督に就任する前はパスサッカーを重視していたアルジェリア代表に対し、就任後は研ぎ澄まされた堅守速攻を植え付けワールドカップへの切符を手にします。

ワールドカップへ初出場となったアルジェリアは1次リーグ初戦でベルギーに敗れたものの、2戦目の勧告を4-2勝利。3戦目のロシア船を1-1の引き分けて決勝トーナメントへコマを進めました。

決勝トーナメント1回戦の相手は本大会の優勝国になる強豪ドイツ。

安定した強さでドイツが優勝した2014年W杯

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そんなドイツを最も苦しめた試合はハリルホジッチ監督が率いるアルジェリア代表との1戦でしょう

決勝トーナメント1回戦、全くと言っていいほど注目されていなかったアルジェリア代表が優勝国ドイツと対戦。

ドイツVSアルジェリア

出典 YouTube

アルジェリアはその固い守備からのカウンターでドイツ相手に幾度となく得点のチャンスを作り出しました。

2014年のワールドカップでドイツ代表が最も時間が経つのを長く感じた試合だったのではないでしょうか?

勝敗は延長までもつれこみ2-1でドイツに敗れたアルジェリアはブラジルの地を去りましたが優勝国ドイツとの1戦は世界でも高く評価されています。

敗戦後は涙で選手を迎え入れたハリルホジッチ監督

出典 https://twitter.com

120分間の激闘の末にドイツ代表に敗れたアルジェリア代表を涙で迎えたハリルホジッチ監督の姿は多くのサッカーファンの記憶に残りました。

とにかく頑固で熱い指導者

「素晴らしい選手11人を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も大事なことだ」

「私にとって大事なのはチーム内のルールを知り、それを守ることだ。キャプテンや選手達に私はこう言ったよ。 "もしある選手がルールを破るのを見たら、そっと私だけに報告してくれ。 そいつを直ぐにチームから追い出すから"と。」

「真剣なプロジェクトに興味を持っている。自分の名声を汚したくないんだ。私は多大なハードワークを注ぎ込むし、その同じアプローチを取り続けたい」

過去の発言からもわかるように自身の信念を曲げないことで有名な監督でもあり、選手はもちろんクラブ上層部やサッカー協会との衝突も多い人物とされています。

しかし、それと同時に代表監督という限られた期間の中でチームにしっかりと組織を植え付け、世界を舞台に戦える集団に作り上げることができる監督です。

日本代表新監督バヒド・ハリルホジッチ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

確かな戦術眼と強い信念を併せ持った名将は日本サッカー界に何を残してくれるのでしょうか?

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス