第二次世界大戦中、レイテ沖海戦で沈没。ずっと見つけられずにいた「戦艦武蔵」が戦後70年を迎えて深海から発見されました。沈没の直接的原因は多数の魚雷命中とされていますが、詳しいことはわかっていませんでした。

戦艦武蔵で間違いないとされる画像

日本語解説付きの動画もあります

出典 YouTube

ビルゲイツと共にマイクロソフト社を共同創立したポール・アレンさん(現在は退職)が第二次世界大戦中に不明になったと言われる武蔵を見つけたことで、戦時中の最新機器に触れ、解明することがたくさんあります。それによって船の世界に革命と思える進化が訪れるのではないかと言われています。

現在の東京都庁より長い!当時の最新技術を集結して完成した武蔵

出典 http://ja.wikipedia.org

世界最大と言われた戦艦武蔵。現在の東京都庁は243.4m。一方、戦艦武蔵の全長は263.0m。戦時中という特殊な環境の中で武蔵を作り上げた日本の技術は本当にすごい!改めて実感します。

今までどうして見つからなかったのか

沈没地点が正確にはわかっていなかったこと、また、沈没したとされる場所は海流がとても速く、一説によれば沈没途中に自重と浮力が吊り合ってしまい、着底することなく今も海流に乗って世界中の海を漂流しているのでは?という伝説まで語られていたほど。

沈没してもなお、海流に乗って世界中の海を漂流していると考えられていた武蔵が見つかったことは、なんだか感慨深いものがあります。

実は他にもある不明戦艦

戦艦武蔵のように、未だ海に眠って見つかっていない戦艦がいくつかあります。これらの戦艦もいつか見つかる日がくるのでしょうか?

日本海軍史上最大の謎でありミステリー 戦艦「畝傍(うねび)」

出典 http://ja.wikipedia.org

畝傍(うねび)は、大日本帝国海軍の防護巡洋艦である。1886年、フランスで建造され、日本に回航される途中に南シナ海で行方不明となった。艦名は奈良県の畝傍山より名づけられた。

出典 http://ja.wikipedia.org

1886年に完成した『畝傍』はフランスから回航の途中に行方不明となってしまいます。必死の探索にもかかわらず、一切の漂流物も発見されなかったこの事件はさまざまな憶測を呼ぶこととなりました。

酔っ払った水兵による失火

台風で転覆

海賊船になった

秘密裏にロシアに捕獲された

西郷隆盛が『畝傍』にのってやってくる  等々

出典 http://blog.livedoor.jp

一切の漂流物すら見つからなかった為に「世界の七不思議」として語られる戦艦畝傍。
畝傍もどこか深い海に鎮座しているのでしょうか?


重油帯や僅かな浮遊物以外に痕跡なし 駆逐艦「浦風」

出典 http://ja.wikipedia.org

「金剛」「長間」「大和」を護衛してブルネイを出発。11月21日魚雷を受ける。「長門」を狙って外れた魚雷が命中し「浦風」は轟沈。

この時、「磯風」と「浜風」は被雷して暫く後に沈没した「金剛」の救援・救助に奔走しており、また「浦風」の後方を航行していた「雪風」は戦艦「大和」「長門」を護衛して現場海域を離脱した為、「浦風」の救助は遅れた。

「磯風」「浜風」が金剛乗組員の救助を終えて浦風沈没地点に向った時には、重油帯や僅かな浮遊物以外に「浦風」の痕跡を示すものは何もなかった。第17駆逐隊司令谷井保大佐を含む艦長以下228名が戦死。

出典 http://ja.wikipedia.org

救助が遅れている間に沈んでしまった「浦風」。たくさんの人も生活用品もあったはずなのに、残留物が何もないというのが不思議です。

出向してわずか17時間の命。世界の海軍史上最も短い艦歴 空母「信濃」

出典 http://ja.wikipedia.org

日本海軍に所属した航空母艦である。建造中の大和型戦艦三番艦を、戦局の変化に伴い戦艦から航空母艦に設計変更したものである。艦名は旧国名の信濃国から採られた。1944年、未完成のまま回航中に米潜水艦「アーチャーフィッシュ」の魚雷攻撃を受けて、一度も実戦に投入されることなく沈没した。

出典 http://ja.wikipedia.org

攻撃そのものでは殆ど死傷者を出さなかったにもかかわらず、総員退去の命令が艦内放送装置が使えず巨大な艦内に伝わらなかったり、飛行甲板のエレベーター穴に吸い込まれたり、低温の海での漂流と強い波浪により、多数の乗組員が行方不明となった。沈没する「信濃」に多数の兵がしがみついていたのも目撃されている。

阿部俊雄艦長は艦首で総員退去命令を出したあと、「信濃」と運命を共にした。

出典 http://ja.wikipedia.org

実際は建造中の未完成艦だった「信濃」。乗艦して数ヶ月程度の者では、自分の現在位置すら把握できない状況で攻撃を受けた戦艦です。

沈没点は北緯33度06分、東経136度46分。だが現場が6,000 - 7,000mの深海のため「信濃」の船体は未だ発見されていない。

出典 http://ja.wikipedia.org

場所はわかっていても、深くて見つけることが出来ない信濃。もう少し捜索技術が進化したら見つけることができるのでしょうか?

戦時中、沢山の方の命と共に沈んでしまった戦艦たち。戦艦と一緒に眠る方達の為にも、いつか見つかったらいいなと思います。戦時中の技術者達の知識を集結した戦艦。日本人はやっぱりすごいなぁ、と改めて感じる戦艦発見のニュースでした。

この記事を書いたユーザー

magic of album このユーザーの他の記事を見る

みんなの編集局公式ライター。テンション上がることやちょっと気になること、面白いことを中心につらつらと。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス