沖縄を中心に活躍するHY

出典 http://ticketcamp.net

AM11:00や、366日など、ヒット曲も多い彼らは、男性4人、女性1人のグループとして活躍しているHY。

彼らの魅力は、自然や故郷をテーマにした優しい歌詞や、20代~30代の男女の関係や気持ちをありのまま歌にすることで、多くの人の共感を得ているところなのです。

そんな彼らは今年15周年を迎えました。

出典 http://natalie.mu

メンバーが高校時代に結成されたHYは、メンバー全員が30歳を超えた2015年に、15周年を迎えたのです。

同年代のファンはもちろん、幼いころからHYの曲を聴いて育ったという中高生も多いのではないでしょうか。成長と共に、彼らの歌があったと言っても過言ではないでしょう。

仲宗根泉の言葉に、歌詞に、涙が止まらない…

出典 http://www.amazon.co.jp

HYの女性ボーカルの仲宗根泉こと、いーずは、現在は結婚し、1児の母としてHYと家庭を両立しているのですが、恋する女の子の恋愛の神様的な存在となっており、女性ファンから絶大な支持を得ているのです。

失恋してしまった時、彼と喧嘩をしてしまった時、自分の気持ちを代弁してくれているようないーずのまっすぐな言葉が心に沁みるのです。

いーずの詩集がたまらなくイイ!!

出会ったことには理由があって、

離れて行くことにも理由はあって、

それが何かは分からないけど、

出会わなきゃ良かった相手だと、

貴方を思ったことはない。

出典あなたへより

こんなに大勢の人の中から アナタを探してって言われても 自信あるよ。

それほど、好きだもん。

でも今はネ、この大勢の人の中から アナタを探してって言われても、

あの子と一緒なら 見つけたくないよ。

出典あなたへ

側にいて…。

側にきて…。

ただそれだけで、

私は世界一幸せな女の子になることができるから。

出典あなたへより

私のこと

大切にしてた?

大好きだった?

いつも想っててくれた?

別れた今でもその全てが

「Yes」

でありますように。

出典バイバイより

Twitterでも感動の声が・・

恋に破れた人、もう恋なんてしないと思っている人も、この本を読んで涙を流し、また前向きな気持ちになれたという声がとても多いのです。

HYの中ではお母さん的存在のいーずですが、女性が辛く苦しい恋をした時の、うまく言い表せない気持ちを代弁してくれるような、温かい言葉が多くの女性の共感を得ているのです。

結婚して家族が出来て、幸せに満ちた今でも、幸せな曲ではなく、ファンが望んでいるのは切ない恋の歌だと語っていたいーず。
これからも私たちの心に沁みる言葉や歌詞を生み出し続けてくれることでしょう。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス