長野県飯山市から、お礼としてPCがもらえることで注目を集めた「ふるさと納税」。特産品がもらえるらしいけど、他には何がお得なの?どんな手続きが必要なの?と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は今年の4月に、ふるさと納税が変わります。そもそもどんな制度?何がもらえるの?というあなたに、ふるさと納税についてご紹介します。

◆ ふるさと納税って?

ふるさと納税とは、任意の地方自治体への寄附のこと。個人が2000円を超える寄附をおこなった場合に、住民税のおよそ1割程度が所得税から還付、住民税から控除される、個人住民税の制度です。

ふるさと納税をする地方自治体は、生まれ故郷じゃなくてもOK。複数の自治体から選ぶことができます。また、ふるさと納税をすると特産品などがお礼としてもらえます。そのうえ税金が控除されるという、お得な制度なんです。

さらに、自然保護や医療・福祉など、税金の使い道は自分で指定することができるんです!税金を無駄遣いされないのは、うれしいですよね。

<ふるさと納税のおおまかな流れ>

自治体を選んで申し込む → 入金する → 特産品が届く → 寄附受領書が届く → 確定申告する → 控除

◆ 2015年4月の税制改正によって、控除額が2割にアップ!

今年の4月に行われる税制改正によって、ふるさと納税にも変化があります。

1. 特例控除額の控除限度額が、個人住民税所得割額の2割にアップ!つまり、寄付金の限度額が2倍にアップします。これまで寄付金が2万円までしかできなかった方は、4万円までアップ!つまり、もらえる特産品も2倍に!!

2. 確定申告が不要なサラリーマンなどが寄附を行う場合、条件を満たせば確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」がスタート。現在住民税を納めている市区町村に対する寄附の控除申請を、寄附先の自治体が要請してくれます。

参考:平成27年度税制改正の大綱(1/7)

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用条件は…

① 2015年4月1日以降の寄附が対象
② 確定申告が不要な給与所得者
③ 寄付先の自治体が5箇所以内

もともと確定申告をする必要がある方は適用されませんので、確定申告の際に控除申請を行ってください。

確定申告に不慣れな人にとっては、面倒な確定申告をしなくてOKなのはうれしいことだと思います。確定申告をせずにふるさと納税をおこないたい方は、4月以降に申し込みするのがおすすめです。

このようにふるさと納税を促進させる背景には、地方の収入源を確保し、地方経済を活性化させる目的があるようです。地方にとっても自分にとっても、うれしい制度と言えそうですね。

◆ 実質2000円負担にならない場合も?ふるさと納税の注意点

例えば医療費控除や住宅ローン控除など還付・控除を行う場合には、課税される限度額を超えては還付・控除されません。税金控除の限度額を超えてしまうと、実質負担額が2000円ではなくなってしまうということです。

また、控除限度額も必ずしも2倍になるわけではないようです。ご自身で事前によく調べて、寄附限度額や、どの程度還付・控除されるのか調べておいたほうがよさそうです。

税金を納めて特産品がもらえるだけでもいい、という方は気にせずふるさと納税をおこなってください。

◆ お礼にはこんな特産品がもらえます!

実際にふるさと納税をおこなった人がどんな特産品をもらったのか、一部ご紹介します。

おいしそうなお肉!!やっぱりお肉は人気のようです。

焼肉セット、うらやましいです…!

島根県松江市のお礼ではイノシシ肉が。たっぷりあるので、思いっきり堪能できそうです!

お肉そのものの味を楽しみたくなる、山形牛♡ 特産品によっては数に限りがあるので、人気商品が欲しい方は、早めに申し込みするのがおすすめです。

魚介も人気です!毛ガニ、立派ですねー!複数箇所にふるさと納税してる方がけっこういるようです。

鱈に白子にタラコにわかめ…!第2弾まであるなんて、驚きです。

こちらはたっぷりたらこ!

お米も人気です。

ビール等のお酒もあります。もしかしたら、焼酎や日本酒など好きなお酒がお礼でもらえるかもしれませんよ!

果物や野菜セットも人気。食べ物は家計の助けになるから、うれしいですね!

◆ どうやって申し込むの?

申し込み方法は自治体によって違うので、各自治体のホームページを確認してください。

下記のサイトでは、ふるさと納税についてより詳しく知ることはもちろん、寄付額からもらえる特産品を検索することが可能です。サイトから直接申し込み可能だったり、クレジット対応している自治体もあるので、要チェックです。

いかがでしたか?ふるさと納税をおこなってみたくなった方も多いのではないでしょうか?まずは、いろいろな自治体の特産品などを調べてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlightトレンド編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。最新トレンドに関する記事をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス