なぜ救急車は、病院でなく消防署にあるのか?

出典 http://www.city.oamishirasato.lg.jp

ケガや急病の人を、病院などの医療施設まで早く、安全に搬送するための車両である救急車。病院にあればスムーズなイメージなのですが…なぜ消防署にあるのでしょうか。

もともとは、警察が管理していた

救急車は、昭和初期に日本赤十字社で最初登場しその2年後の昭和8年に警察部で運用されました。

出典 http://www.city.kaizu.lg.jp

最初は、警察が管理していたんですね。

昭和23年に警察部から市町村(消防署)へ移されるとともに、救急業務も現在の消防業務の組織になりました。この時初めて救急車が消防署で、運用されるようになりました。

出典 http://www.city.kaizu.lg.jp

ではなぜ消防署に移されたのか

第二次大戦後、救急車制度を展開するにあたり、24時間何時でも出動できる態勢にある消防と警察が候補に挙がりました。

そこで、ハッキリ云って「押し付け合い」が始まりました。 当時は警察力の方が上回っていたし、消防の方が少しは時間が在るだろう…と言う事で、消防がいやいや引き受けた…と言う歴史があります。

ある警察幹部の話「警察は市民から怒鳴られ、消防は感謝される、救急を消防に渡したのは失敗だった」

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

yahoo知恵袋のアンサーに、こういった回答をしている方がいました。興味深い裏話です。

病院に救急車を配置できない理由

1.まず患者さんに一番近い救急車を出動させて、容態を観察し、A~Z病院から受け入れ可能の病院を探す。

2.受け入れ病院を先に決めてから、患者さん宅へ向かう。

2.ならA病院から出動しA病院に収容ができるので、病院に救急車を配置するメリットがありますが、現状、医師に受け入れの判断材料(患者の容態)を速報しないことには、医師が受け入れてくれませんので、1の状況になっています。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

「119番を受けても、電話越しには患者の容態を把握できない」ことが最大の要因。救急隊員が直接患者を見てから、受け入れの病院が決まる今の救急システムだと消防署がスムーズなのです。

ちなみに、病院の名前が書かれた救急車は医療機関の持ち物で、「病院間の転院搬送」を目的としていて、119番通報で呼ぶ救急車とは種類が違うそうです。

また、救急車は基本的に市町村の持ち物なので、関連する費用も市町村が負担します。病院に配置すると救急隊員の待機場所や救急車を置くスペースの駐車料などが発生しますが、市町村が持つ消防署ならそのお金が発生せずに済むのです。

救急車も交通違反になることがある?

消防職員です。他の方も述べていますが、緊急走行時の最高速度は、一般道は80km、高速道路は100kmです。通常走行、緊急走行とも速度違反した場合はつかまります。

過去知り合いが速度違反で捕まったそうですが、警察署に消防署長が呼び出され、始末書ですんだそうです。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

また、緊急の場合はサイレンを鳴らす事も義務づけされているそうです。

救急車のサイレン音は、2種類あった!

出典 YouTube

こちらが通常の聞き慣れたサイレン音ですが、救急車も「ウー!」というサイレンを鳴らしているのを聞いた事がありませんか?

救急車が「ウー!」を使う時は赤信号を突き抜ける時や、逆走をする時!私が聞いた、救急車の「ウー!」は、コレだったんですね(^_^;)

ちなみに救急車も、昭和45年以前は、全て「ウー!」でしたが患者さんや周囲の住民が、ビックリしてしまうという理由から「ピーポーピーポー!!」が、使われるようになったんですよ。

出典 http://xn--c9ja4bb0440cbduvj4f.com

患者から「家の近所で、サイレンを鳴らさないで欲しい」と要望があった場合、サイレン音を止める事もあるそうです。プライバシーの問題もありますもんね。

救急車は出動するだけで、4万円ものコストが!

2011年度でみると、救急車出動1回当たりのコストは報償費、役務費、備品購入費などを含めて4万2425円。

出典 http://ameblo.jp

市民の医療費としての負担は無料ですが、実質は私たちが払った税金から捻出されていて、なんと1回4万円もかかっています。

救急車の不適切な利用している方にも、4万もの税金が支払われている訳です。しょっちゅう利用する常習者にも、出場する度に当然この4万が支払われています。〈中略〉

全国で救急車の不適切利用かかった税金は何と10億円以上とも言われています。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

日本では無料ですが、ロサンゼルスでは約4万5000円、ニューヨークでは約3万円、カナダ・バンクーバーは約6万円という具合に、海外では高額の費用を必要とする国も多い現状です。じゃあ日本も有料化したら?と思いますが、救急隊員からは以下のような声も…

「救急車を要請するに値しないような患者は費用が高くなるなど、救急車を要請するということがどういうことなのか、きちんと理解させるような枠組みを作ったうえで、有料化してほしい。それがないと、モンスターペイシェントが増えてしまうだけです…」

出典 http://zinger-hole.net

お金支払っているからという理由で、逆にタクシーのような感覚で不正に利用する人が増えるのではないかという懸念が上がっていました。

スマホによる119番への誤発信が増加中!

携帯電話(主にスマートフォン)からの意図しない緊急通報が多発しています。消防本部の指令台で着信したときに、物音はしても応答がない通報で、確認のため消防本部から掛け直すと、「電話していませんけど…」と本人が気付いていないことがほとんどです。

出典 http://www.eastomi.or.jp

スマホの待ち受けに「緊急通報」ボタンが表示されている人、いますよね?これに関してはアップデートなどで、誤発信を防ぐ設定にできるそうです(方法は以下参照)。

いかがでしたか?普段は縁がなくても、緊急時にはなくてはならない救急車。私たちが必死で働いた税金によって賄われているということを忘れず、必要としている人がスムーズに使えるように適切に利用したいですね。

この記事を書いたユーザー

hinagon このユーザーの他の記事を見る

主婦暦5年目の34歳。5歳のダウン症の娘、2歳のやんちゃ息子と旦那1人の4人家族。田舎育ち。実家は牛の放牧をしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス