納豆にかける調味料といえば、醤油やマスタードが定番だ。しかし、北海道や東北地方では、納豆に砂糖を入れて食べるという。粘りが増して、コクのあるまろやかな味を楽しめる。

・最高の究極グルメ!

皆さんは、納豆マニアが絶賛している納豆の食べ方をご存知だろうか?なんと、納豆にバターをのせて食べるのだ!芳醇な香りが増すだけでなく、ディープなコクがプラスされ、最高の究極グルメになるのだ!

・バターは半分とかす

納豆には、あらかじめ醤油や付属のダシ汁を入れてかき混ぜておく。バターは電子レンジで加熱し、半分くらい溶かしたものを使用する。

オーブンやフライパンで加熱して溶かしたものを使ってもいい。

・バターの芳醇な味が納豆にマッチ!

あとは納豆にバターをのせたら完成!トロトロの納豆に、シュワッととろけたバターが流れ込む。箸でご飯と納豆とバターを一緒につまんでたべる。ウッ!ウマイーッ!

バターの芳醇な味が納豆にマッチ!納豆のコク、醤油の香ばしさ、そしてバターのまろやかさ!すべてがパーフェクト!

・今までにない納豆の味

皆さんも、今までにない納豆の味を体験してみてほしい。ちなみに、バターを半分とかすのがコツ。

完全に固形のままだとバターの味が広がらないし、完全に溶かしてしまうとディープすぎる味になってしまうので注意だ。まあ、それはそれで美味しいのだが。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス