オーブンの中に入れられた子ヤギの画像。動物愛護団体が激怒しそうな…衝撃的すぎるこの画像ですが、実はこれ。子ヤギを痛めつけているのではなく、今、まさに、子ヤギの命を救おうとしている画像なんです。

ウェスト・ミルトンで農家をしているDennis Albaughさん。彼が納屋で見たものとは、育児放棄され、今にも”凍死”しそうなほど冷たくなっていた、生まれたての子ヤギでした。

Dennis Albaughさんはあらゆる手を使って子ヤギの蘇生を試みたのですが、残念ながら回復の兆候はみられず、為す術がない状況に。そこで、専門家のアドバイスを元に

『オーブンを170度に温め、開けっ放しにした状態で子ヤギを中に入れる』

という方法を試みることにしたんです。では、その時に撮影された動画をご覧下さい。

ヤギをオーブンで焼く!?このあとどうなるの…

衝撃の動画がこちら。

出典 YouTube

『この方法に希望を託すしかないけど、本当にこれでいいのか…』と本気で悩んだと語るDennis Albaughさん。

しかし、心配をよそに…徐々に命の兆しを見せる子ヤギ。

愛犬も子ヤギの事がよほど心配だったのか、終始、子ヤギの周辺から離れなかったそう。

その後、子ヤギは立てるほどまでに回復したのですが…夜に容態が急変。残念ながら、子ヤギは息を引き取りました。

『もっとやれる事があったのでは?』とDennis Albaughさんは後に語っていますが、最善の手を尽くしたことによって、消えかけていた命が一瞬ではあるものの輝いたこと…。短い時間ではありましたが、子ヤギもきっと嬉しかったのではないでしょうか。

小さな命を必死で救おうとしたDennis Albaughさん。彼の行動は世界中から賞賛されることでしょう。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら