原産国を確認しよう!ペットフード問題は未解決のままだった!

2007年頃からアメリカで犬用おやつとして販売されているチキンジャーキーを食べた犬が病気になったという報告が相次いで寄せられるようになりました。
 
FDA(アメリカ食品医薬品局)が調査を始めましたが、共通点が中国産であるという以外、未だに原因の特定には至っていません。そのため、リコールも行われていません。

出典 http://petfood.7pot.net

リコールがされていないという結果に驚きを隠せません。

原材料に中国産のものを使用したために起きた事件ではないか?といわれています、確証や根拠が無く対応がなされないままという怖い事態になっています。

アメリカ産ドッグフードが原因で起きたペットの大量死…という何とも痛ましいものです。

「アメリカ産?中国産と関係があるの?」と事件のことを知らない方は思うかもしれませんが、アメリカ産=全てアメリカのものを使っている、とは限らないのです。

そう、アメリカ産ドッグフードに使われていた中国産の原材料の小麦グルテンにメラミンが混入されていたことが原因でこの事件は起きてしまったのです。

出典 http://ycswomen.com

原産国だけではなく、原材料がどこのものを使用しているのか?というところまで考えてあげないといけないようです。

ペットフードを購入する際には、最低限「原産国」を確認することで予防ができるのではないでしょうか?

その後も報告は寄せられ続け、2014年5月現在、病気になったという報告は4,800件、病気になったペットの数は犬5,600匹、猫24匹、死亡報告は1,000匹以上となっています。

出典 http://ycswomen.com

しっかりとした根拠が無く調査を行ったところで共通点が中国産の原材料だったというところしかなく、とはいいますが、実際に無くなった子達の数は実に万に近い数値です。何故しっかりとした調査をされないのでしょうね・・・。

疑惑がある原産国のペットフードを撤去した事例も・・・

ペットの病気と中国産ペットフードの関連性はわかっていないが、顧客の信用があるショップとして飼い主の懸念を考慮し、販売中止に至ったと説明している

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

購入者、消費者としては「大切な家族の一員であるペットを守りたい」と考えますので、すこしでも危険性があれば買うことはしませんので、対応策を販売店側は求められているのかもしれませんね。

【どこで作られたのか?】ちゃんと記載されていた!ペットフードの裏にある【原産国】を確認しよう!

出典 http://www.bocce-ball.com

大抵の場合「原産国○○」と記載がありますので、ここに記載のある【原産国】を確認しましょう!
大体の場合、猫缶だとタイが多いですね!国産というのもあると思いますが、やはり価格帯が上がることが多いです。多頭飼育の場合だと、中々現実的なお値段ではないことが多いので、安価なタイプで食いつきがいいいもの、ペットたちが気に入って食べるものをかってしまうので「原産国だけ」をチラッと見て購入するのが最善策なのかもしれませんね!

ペットフードの安全性はわかるけど、味の好みがあるので難しいし、価格があまりに高いと現実的に厳しいかも・・・

ペットフードにも無添加素材があった!

出典 http://www.dogfood11.jp

プレートキャットワン 仔猫~成猫用ドライフード 400g¥1,015 ちょっと高いですね。沢山食べる成長期400gなんて、すぐなくなりそうですが、1匹だけのにゃんことくらしているのであればこういうタイプを買ってあげたほうがいいのかも知れませんね。

ワンワン用 無添加ドライフード

出典 http://www.dogfood11.jp

プレートワン 仔犬~成犬用ドライフード 800g¥1,944(税込)  ワンワン用は量も倍は行っていますが、お値段も倍ですね。
ワンちゃんは、ドライフードが主食かな?犬缶ってあまりあげないのかな?ワンコと暮らしたことが無いので、価格的にどうなのか分かりませんが、小型犬なら安いほうなのかな?

よかれと思って買ったのに食べなかった。猫にも味の好みくらいあるにゃん!といわれてしまった・・・

1匹だけの猫と暮らしていたときは、どちらかというと「猫の趣向」に合わせたご飯を上げていました。いくら「いい素材で出来たフード」でも、砂かけをして食べなかったんです。嫌いだったのでしょうね。

安全性ばかりとると、人間のご飯だってあんまりおいしくない!って思うものが多いですよね?それときっと、同じなのでしょうね。

私が買っているのはフリスキーのミルキーミックス!

出典 http://www.amazon.co.jp

人気なのでしょうか?すぐ売り切れていて中々手に入らないのです。
うちの猫ちゃんは「決まったものしか食べない派」で、魚も肉も食べません。
どういうわけか、このミルキーミックスが大好きです。

ミルキーミックスと毛玉ケアを混ぜてあげるとよく食べた!

出典 http://www.amazon.co.jp

どちらかだけ!というと、なぜか我が家のねこは食べないので、色々なキャットフードを混ぜてブレンドしてあげています。やっぱり、猫は毛玉を吐くので「毛玉ケア」をなにかしらひとつは混ぜて与えています。

カルカンもよく食べるし粒も小さいので大好きです!

出典 http://www.amazon.co.jp

我が家だけかもしれませんが、粒が小さいタイプを選んであげています。
理由は「丸呑みをするから」。
かまないんですよ、カリカリを。

オス猫はちゃんと租借して食べるのですが、雌猫のほうが丸呑みをするようになってしまい、それ以来は粒の小さいものをあげるようにしています。

ちなみに、何種類もカリカリを乗せていますが私の場合、この全てを混ぜてブレンドしてあげています。カリカリ保存バケツみたいなのがあるのでそれを愛用中!

ドライフード フードストッカー

出典 http://item.rakuten.co.jp

これ、便利ですよ!
実家の猫はカリカリの入った袋を食い破って、顔突っ込んで食べるという悪戯をしていたので、今の家ではこのフードストッカーを利用しています。
沢山入るし、ブレンドできるし、ラクチンです!

ご褒美は「シーバ」

出典 http://sheba.jp

この「香りのまぐろ味セレクション」が一番のお気に入りです。
他の味を買ってきたら、不服です!という顔をされて以来、この味を必ず購入しています。
おやつだったり、小腹が減った!と訴えてくるときにあげています。
ひとつの量を2匹で分けています。

食の安全性 ペットにも考えてあげよう!

今回の問題はアメリカで起きた事例であり、日本ではありません。
この問題は、アメリカ産のフードだったのにもかかわらず中国産のものを使用していたという共通点と死亡した起因がペットフードだったことにより、大問題に発展したというニュースだったようです。

中国産のペットフードは日本でもありますし、原材料となると必ずしも表記があるとは限らないでしょうから、飼い主がペットのご飯を健康を考える意味でも、人間が食べても安全な食材を使用しているか?という視点も必要になってきた時代なのだと思います。

あくまで問題自体に、原因不明のままであり中国産だからという結論は出ていません。
日本でもある食品産地偽装問題なども人間の食材でさえありますので、食品に対する安全性というのが全体的に求められている時代になってきたのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス