皆さん『水中翼船』ってご存知ですか?

船底に水中翼をつけた高速船。走っているとき、水中翼によって浮揚力をつけ、船体を水面上に出して、抵抗を減らすようになっている。

出発後しばらくは普通の船のように水面に浮んだ姿で航行し、速力を増すにつれて水中翼に水流が働き、ちょうど飛行機の翼に気流が働くのと同じ効果により浮揚力が増大して、次第に船体は押上げられ、水上を 35kn以上の高速で滑走することができる。

出典 https://kotobank.jp

2mほどの波であれば、問題なく”高速走行が可能”な水中翼船ですが、この水中翼をサーフィンのボードに装着し、見事な滑りを披露している動画が現在、海外を中心に話題となっています。

挑戦したのはプロサーファーのLaird Hamiltonさん。

なお、サーフィンボードの下に取り付けられた鋭利すぎる↑コチラが

水中翼であり、一般的に『フォイルボード』と呼ばれています。

浮き上がるにはある程度のスピードが必要な為、ジェットスキーに牽引してもらい沖へと出発!では、今後のサーフスタイルに大きな影響を与えるかもしれないフォイルボードによる『フォイルサーフィン』ご覧下さい!

出典 YouTube

カッコイイ!!!

ある程度スピードが出たところで…

演技を開始するLaird Hamiltonさん。

ボードが直接海面に触れることがないため抵抗を受けず、かなりのスピードを生み出すことができる『フォイルボード』。その姿はまさに…

『浮いているかのよう!』

ジャンプしているようにも見えますが、これが『フォイルサーフィン』の真骨頂!一体どんな感覚なのでしょうね。やってみたい!

トウインサーフィン(サーフボードに足を固定する道具が付いており、ジェットスキーに引っ張ってもらい、そのスピードで波の斜面を降りてサーフィンすること )等、次世代のサーフィンスタイルを次々と切り拓いてきたLaird Hamiltonさん。

彼が提案する”圧倒的なスピード感”と”浮遊感”を味わえる『フォイルサーフィン』は、今後のサーフスタイルに大きな影響を与えるのは…間違いないでしょうね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス