今回紹介する「お絵かき水族館」は、チームラボが提供する「共創」をテーマにしたクリエイティブな体験ができる知育空間「チームラボ、学ぶ!未来の遊園地」中で発表された作品です。

共創とは「共同で創造していく」という意味で、同社はその回答の1つとして、最新のデジタルテクノロジーを使い、子供たちが同じ空間で自由に体を動かし、また互いに影響を与えながら楽しめる、共同的で創造的な体験を提供しています。

デジタルだけど温かい。そんな近未来的な水族館の姿をぜひご覧ください。

出典 https://www.youtube.com

まず、泳がせたい魚のテンプレートを選び、それをクレヨンで自由に塗っていきます。

出典 https://www.youtube.com

次に、完成した絵を会場に設置してある機械でスキャンします。

出典 https://www.youtube.com

すると、即座に自分が描いた魚がデジタル水族館に現れます。これはテンションが上がりますね。

出典 https://www.youtube.com

描いた絵はまるで本物の魚のようにひらひらと泳いだり、伸縮したり、回転したりします。また、同じ形の魚は群れを作ったりもするそうです。

出典 https://www.youtube.com

さらに、このデジタル水槽は触れることができ、魚を触ると逃げたり、エサ袋を破ると魚たちが集まってきたりします。細部に至るまでの作り込みに強いこだわりを感じます。

出典 YouTube

この「お絵かき水族館」は、まだいくつかの会場で期間限定公開されているだけであり、現在一刻も早い本格オープンが待ち望まれています。

また、今後はiPadのカメラで絵を撮影して取り込み、それをiPad上の水族館で見ながら親子でコミュニケーションを楽しむ、なんてことも実現できそうですね。想像しただけでワクワクしませんか?

チームラボの作品はこちらもどうぞ

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!