独身でも家を買う時代!コンパクトな平屋でお一人様向けにハウスメーカーは既に取り組んでいた!

「独身でも家を建てる時代」というのは、あまり身近に感じられないかもしれませんが、晩婚化が進み多趣味の世代が増えています。結婚していないため、自分に掛けられるお金が沢山ある状態になり趣味部屋などを賃貸でまかなおうとするとそれなりの賃料が掛かるため、ならばいっそ!ということで家を建てる人が増えています。

2012年にフラット35を利用した人のうち、単身者の割合は、男性では11.5%にとどまるが、女性ではこの割合が32.4%に上る。近年の状況をたどってみても、男性の単身者利用率は2009年に26.7%という高率を一時的に記録しているものの、その後は右肩下がりの傾向が続く。一方、女性の単身者利用率は30~40%台で推移しており、住まいの購入に対する姿勢の違いは明白だ。

出典 http://buy-athome.jp

独身の中でも「女性」の購入者が増加傾向にあるようです。女性だからといって住宅ローンが組めないかもしれないという不安は社会進出にくわえ、男性並みのお給料を稼ぐ方も増え信用も確立してきた実績があるため「住宅ローンを女性に貸す」抵抗がなくなってきたのかもしれません。

独身でも家を買うメリットとは?

出典 http://www.womansday.com

男のロマン?!趣味に囲まれた部屋を作っても文句を言われない!

庭があり、収納スペースも大きく、駐車場からも近く、ペットも飼いやすい一戸建てという住まいは、一人暮らしの人にとっても魅力的です。。

出典 http://www.interstation.co.jp

賃貸ですと、収納もある程度限られますし部屋自体を広めのタイプを借りたとすると賃料が高くなり住宅ローンを組んでいるのと変わらない返済額かそれ以上を支払うことになりかねません。その点からも、需要は増えているのかもしれないですね。

出典 https://tagle.jp

カントリー風に穏やかに過ごせるリビングでのんびりとすごしたい夢をかなえる!

年収の3倍が妥当といわれています。確かにそうですが、理想過ぎてまずムリです。
大抵、都心では4000万から5000万のローンを組んでいらっしゃる方がほとんどです。
年収が500万なら6倍にもなってしまいます。

出典 http://matome.naver.jp

一番のメリットは「コンパクトな平屋サイズ」であれば、余裕を持った返済計画を立てられるということにあります。

ファミリータイプだと、このご時勢では返済に追われているというのがほとんどの方が感じているお財布事情。その点、身の丈にあった自分だけが住む家を建てるので全体的に価格が抑えられ無理のない返済で「固定資産」を手に入れることが可能になるのです。

単身者用の間取りはどのように考えたらいいのか?

こじんまりとした戸建てなら、コレがオススメ!

出典 http://www.interstation.co.jp

かなり小さめに設計されていますが、趣味があっても広いスペースを必要としない場合はこじんまりとしたタイプにすると維持費も少なくていいですね!

「独身用一戸建て」と考えずに、コンパクトな平屋プランがオススメ!

出典 http://www.kaneko-housing.jp

老後世帯が建て替えを希望し、元々2階建てだった住宅を平屋にするという流行があるため「コンパクトなある程度の広さを持った平屋」というのは、かなりの数が出ています。今がチャンス!といわんばかりの間取りは豊富に住宅メーカーも持っているかも?!

「20坪くらいの平屋」が単身者には最適かも?

出典 http://img01.ecgo.jp

リビングの広さも十分、客間や寝室もありますので困ることはないのでは?もし増やすとすれば書斎でしょうか?

外観にもこだわったコンパクトな平屋

出典 http://ameblo.jp

デザインもステキな平屋ですね!モダンな雰囲気がこれからの一生をすごす家としては最高に良いプランではないでしょうか?!

ゲストルームや書斎をしっかりと配置した間取り

出典 http://ameblo.jp

こちらは2階建てですが、しっかりとした居室スペースを確保し生活空間を分けていますね。寝室や書斎を確保しながらもゲストルームがあるというのは、友人などを呼びやすい家になりますね!

費用はどのくらい掛かるのか?

諸費用に加えて他にも費用がかかるものがあります。
①引越し費用
②照明・カーテン費用(ハウスメーカーで用意することも可能です)
③家電製品(テレビのサイズがあっていない場合もあるので要確認!)
④ソファーなど新築にあった家具
これだけで、200万くらいは用意しておいたほうがいい金額です。
ローンに含むことができない金額も沢山ありますので、手元にある現金をよく確かめて予算を最終決定するときには算出をしましょう。

出典 http://matome.naver.jp

家を買うと気に気になるのが「諸費用」です。独身の場合、家具家電はほとんど流用できますので、この機に買い換えよう!という場合は、その金額も計算に含めておくことが必要になります。

住宅ローン審査が不安なんだけど・・・

ローン審査についても、フラット35は比較的通りにくいことで知られるが、デベロッパーとつながりのある金融機関が提案する住宅ローンを選ぶなどすれば、通る確率は高まる

出典 http://buy-athome.jp

ハウスメーカーと繋がっている金融機関が必ずといっていいほどありますので、この点についてはあまり心配する必要は無いような気がします。まずは、諦めずに相談することが大切です!

もしかしたら良い人と出会って結婚をしちゃうかもしれないから、戸建てなんて・・・という方には。

出典 http://www.e-housekiya.com

思わぬ出会いに恋におち、愛が芽生えて、結婚した!なんて、そんなハプニングがあっても人生面白いですよ!

結婚について心配がある人は、「転売」や「賃貸」といった二次利用がしやすい物件を選ぶといい。ターミナル駅に近いマンションや、価値の下がりにくい中古物件などをうまく探すと、家賃とそう変わらない負担で、資産になる住まいを持つことができる。

出典 http://buy-athome.jp

戸建てを買ったら一生そこで住まないといけないわけではありません。中古物件として売る手段があるわけですから。その点を最初から考慮して立地面など「売りやすい物件」を選んでおくと、手放すとき楽に売れるかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス