材料はたまご・牛乳・砂糖・バター・片栗粉だけ!

出典 http://www.pakutaso.com

材料はこの5つ!たまごの黄身と牛乳、砂糖、バター、片栗粉(またはコーンスターチ)です。それぞれの分量はこちら。

・たまごの黄身3つ分

・牛乳200cc

・砂糖70g

・片栗粉12g

・バター適量(お好みで5~10g)

なお、バニラエッセンスもあるとさらにGoodです!

①ボウルに黄身と砂糖、片栗粉を入れて混ぜる。

出典 http://www.pakutaso.com

ボウルにたまごの黄身と砂糖、片栗粉を入れてよく混ぜます。片栗粉はふるってから入れるとダマになりにくいので出来れば事前にふるっておいてください。泡だて器でよくすり混ぜ、牛乳を加えてサラサラの状態にします。

だまにならないように牛乳を入れる前によく生地を混ぜておきましょう。牛乳は少しずつ加えては混ぜ、を繰り返していきます。

②レンジにかけます。

ボウルをレンジにかけます。ボウルは耐熱性のものを使用してください。金属製のボウルは絶対に使用しないで下さい。500wで2分かけたら取り出して勢いよくかき混ぜます。
もう一度レンジに2分かけて周りが固まってきたらかき混ぜ、とろみがついてくるまでこれを繰り返します。

勢いよくかき混ぜるのは粉っぽさを飛ばすためと、火を全体的に通すためです。あまり火が通りすぎても美味しくないので、様子を見ながらレンジの時間を決めましょう。2分×2はあくまで目安なので、まずはチャレンジ精神多めで頑張ってください。

③バターを5g~10gお好みで混ぜます。

クリーム状になって火が通ったら、お好みでバターを入れます。マーガリンよりバターの方が風味が良いため、おすすめです。コクも出て美味しくなるので入れる方がよいでしょう。さらにあればバニラエッセンスも1、2滴加えてよく混ぜてください。

④ラップをして保冷剤等で冷やします。

クリーム状になったらラップをぴったりと隙間なくクリームの表面にひいて、氷水の張ったボウルにつけるか、保冷剤を上下に置いて冷やします。粗熱がとれたら完成です!使う際にはもう一度よく混ぜてクリーム状に戻します。

⑤出来上がり♪アレンジいろいろ☆

カスタードクリームの完成です。パンにはさんだり、クッキーにのせて食べたり、フルーツサンドの生クリームの代わりでもおいしいですよ。フルーツサンドやシュークリームに入れる場合は砂糖入りのホイップクリームと合わせてよく混ぜるとふんわりとした美味しいクリームが出来ます。

さらに抹茶パウダーやココアパウダーを適量混ぜればアレンジの幅が広がります。今回はあくまで家庭の味なのですが、気軽にカスタードクリームを試していただきたく考案いたしました。

自分だけのカスタードクリームを作ってぜひ楽しんでみて下さい。最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

Mimiy&Lily このユーザーの他の記事を見る

皆様のお役に立てるようなこと、喜びを分かち合えるようなことが出来たら良いなと思っております。ファッション、メイクに興味があります。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス