ミュージシャンで俳優の杉浦タカオさんが先月25日にブログを更新、男児が生まれたことを明らかにしました。緊急出産で、誕生した時には呼吸がなく、その後、NICU(新生児特定集中治療室)に入っていたことなど、危険な状態であったことを告白。

その後無事に危機を脱した息子さん、兄・太陽さんと妻の辻希美さん夫妻にそのことを報告した際には「兄貴と義姉も泣きながら『よかった、ほんまによかった』と連絡をくれた」とつづられており、2人が感涙して喜んでくれた様子が明かされています。

そんなエピソードからもわかるように、タカオさんは普段から兄の家族とは大の仲良し。甥っ子・姪っ子の誕生日にはプレゼントを贈るなど、良い"おじ"っぷりがブログでは掲載されています。今回は、そんな杉浦タカオさんと杉浦太陽さん一家の交流エピソードをご紹介したいと思います。

泣きながら息子の誕生喜ぶ兄夫婦

あと一ヶ月ほどで予定日の頃。35週目に妻が切迫で入院しました。経過を見つつ、36周目に入り病院の判断のもと退院。退院時も「もう大丈夫ですよ」の言葉をもらっていました。

しかし、退院したその日、帰宅後すぐに陣痛が来て、すぐに病院へ戻りました。急遽出産になり、そのまま分娩台へ。

急な出産のためなのか、病院の医師は不在のまま息子は産まれてきました。ですが、呼吸をしていませんでした。

まともに顔を見る間もなく、遅れてきた医師の判断で救急車で大きな病院へと搬送され、「新生児仮死」と診断されNICUに入りました。

待合い室で待つ事、数時間

NICUから搬送先の先生がいらして

「もう、大丈夫ですよ。」

涙が溢れて止まりませんでした。

家族に連絡するとみんな喜んでくれて

兄貴と義姉も泣きながら

「よかった、ほんまによかった」と連絡をくれた。

家族の大事さを改めて感じた。

兄夫婦から出産祝い

2月28日の今日、32歳になりました。

沢山のお祝いコメントもいただきまして本当に有難うございます。お宮参りの日から大阪からオカンが来てくれています。

僕たちの子育てを横から見守りつつ、必要に応じて手を差し伸べてくれる

息子も安心するのか、オカンの手にかかってはすっかりおとなしく・・・w

というわけで今年は4人での誕生日。義姉様からもお祝いが届き・・・

息子の服ありがとう

大先輩、兄貴夫婦

これからも色々教えてください

自身の公演に来た兄夫婦

もう3公演が終わりました

早いね、ほんまに

芝居では1度も噛まない私、

座長としての最後締めの言葉でがっつり噛みました(笑)

そこはいつものタカオなので、ご愛敬ということで

昨日はお兄とのんちゃんが観にきてくれて

1枚

寒空の下ピクニック

GW最終日
今日はぜひとも参加したいぜと思って行って来た
みんなと~
ピクニックw
少し肌寒かったけど

入園祝いを渡しに兄の家へ

青空の入園祝いを渡しにお兄家族の家に行くと
みんなでお出迎え
子供達に最近よく会えているから人見知り感も無くなって希空もずっと喋っていた
お風呂上がりの青空にお祝いを渡すとちゃんと「ありがとう」って

希空に引き続きやけど

ちゃんとお礼が言えるのって大事な事

だってめっちゃ嬉しかったから

兄の娘に入学祝い

遂に希空が小学生になった
希空、入学おめでとう
お姉ちゃんなったなぁ

入学祝いを渡すとちゃんとありがとうってめっちゃいい顔で喜んでくれた

これから6年間小学生

楽しい時間にするんやで

なんかあっという間に中学、高校なるんやろうなぁ

・・・いつまでも遊んでくれるといいな(笑)

杉浦タカオさんのブログは以下から。その他にも家族のことや、お仕事のことなど、話題は盛りだくさん!ぜひ一度ご覧になってみてください。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス