家の中にあるガスに関わる配管は「無料工事」を行った場合、ガス会社の持ち物である場合が多い

ガス管の開栓をするにあたって「LPガス設備貸借契約」というものを結んでいたからです。このときになってじっくり読み返した永山さんは、はじめてそのことを意識したそうです。ガス管はボンベからメーターまでを「供給設備」、メーターからガスの出口(コンロ・給湯器など)までを「消費設備」といいます。

出典 http://www.montereygreenaction.com

契約時に説明があったとしても、家を建てたばかりで山のような書類を書かされます。その時強調されて言われるのは「無料で配管工事するから、うちで契約して!」という言葉ばかりで、実際は「借りている契約」になっていることがほとんどです。

お宅の家のガス管はA社所有のもので、断りなく弊社との契約を解除した場合、ガス管を買い取ってもらう」という内容で、具体的に買い取り金額まで記されていたといいます。

出典 http://www.montereygreenaction.com

基本的に減価償却でガス代に対して、上乗せされた工事分を支払っているというスタンスがプロパンガス業界の言い分です。ですので「無料で工事」というのは「ウソだったの?!」という印象を持つ利用者が多いようで、トラブルに発展しているケースがあります。

異様に高いプロパンガス料金は「無料工事」分を減価償却するために上乗せされている可能性がある

LPガス料金は都市ガスや電気などの認可料金とは異なり、ガソリンや灯油などと同様に自由料金です。したがって、LPガス料金は販売店によって違います。

出典 http://www.akitalpg.or.jp

なんと、プロパンガスの料金は自由料金なのです。料金がどのように決定されているのか聞かれたら説明する義務はあっても、プロパンガス会社で勝手に決めてしまえる状況ですので、無料で工事しますといえど料金を契約した年数で割って回収する手段がほとんどのようです。

適正価格を提案する機関が存在する。トラブルになった場合に相談する正しい場所とは?

本当の意味での「適正価格」とは、販売店による情報開示を含めた価格透明化により、需要と供給のバランスにより必然的に市場が価格を決定するからです。

つまり、各プロパンガス販売店が法令を順守し販売価格を正直に店頭表示することで、消費者が自由に販売店を選べる環境になってこそ、はじめて「適正価格」が存在します。

出典 http://www.propane-gas.or.jp

適正価格を提案している「一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会」さんがいらっしゃいます。何かしらのトラブルがあった場合に相談も出来るようです。

縛り年数未満の解約の場合、残存価格を支払う義務が生じることがある。

新築時ガス配管工事はガス屋が無料で行い、その代償として15~20年縛りの契約となるのが一般的ですが、その契約期間内での解約時、当然違約金(残存価格)が発生することになり、消費者側には支払いの義務が生じます。

出典 http://www.propane-gas.or.jp

契約時に説明を受けている場合がほとんどのはずですが、説明が無くとも書類上サインをしてしまっている場合は支払い義務が生じるようです。次のガス会社に移りたくても移れ無いという状況になってしまいがちです。

悪徳業者に気をつけて!脅すようなこともあるらしい。ライフラインだから「困る」ことをわかっていてやってくる!

「給湯器も含めてガスのことは全部うちに任せてもらわないと困る。そんな勝手なことをするんだったら、うちは供給できない。ボンベを今日中に撤去して、供給停止します。」と、既存業者(旧業者)の担当者にもの凄い剣幕で怒られました。

出典 http://www.gas3704.com

脅すのが常套手段なのでしょうか?こんなことをいわれ、ライフラインのひとつを止められたとなると生活ができません。本当に怖い思いをなさったのではないでしょうか?

プロパンガス会社と契約する時はしっかりと確認しよう!

①提示された料金が急に値上げされることはないか/勧誘後しばらくすると正当な理由がなく値上げされたり、サービス内容が前より悪くなったりする場合があります。

②実際にガスを納入するのは誰なのか/勧誘業者やチラシを入れる業者の中には、仲介を目的としている場合があります。実際にLPガスを納入するのは誰なのか、その販売店は液石法に基づく登録事業者であるかなどを確認してください。

③契約の内容に不利な点はないか/勧誘時の書類に目を通さなかったり、セールスの言葉をうのみにすると思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。契約条件として解約時の高額な解約料請求が含まれる場合もありますので、契約する前によく契約書の内容を確認しましょう。

④保安やサービスの内容はどうか/緊急時に販売店や保安機関などと連絡がとれ、すぐに対応してくれるかなど、保安やサービスの内容についても確認してください。

出典 http://www.akitalpg.or.jp

「契約する前にしっかりと確認する」ということを怠らないようにすれば、回避できるトラブルでもあるので注意しましょう!

LPガスはクーリングオフの対象外商品です。

出典 http://www.akitalpg.or.jp

これは重要なポイントですね!対象外なので、しっかりとした契約前の確認が必要になりますね!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス