ケーブルカーって、大人でも子供でも、乗る時はワクワクするものですよね。ゴンドラから眺める風景も、普段から見慣れたものであったとしても、違った景観に感じるはず。そんな絶景が望める海外のケーブルカーをご紹介しましょう。

ご利益ありそうな。

出典 http://www.veltra.com

絶景ついでに、拝めます。

こちらは「ゴンピン360」。香港のランタオ島にある、アジア最長のケーブルカーです。ゴンドラからは、世界最大級の大仏を仰ぎ見ることができます。これは大きな魅力。思わず手を合わせたくなりますね。

島の大自然を背景に、スッと建つ大仏が映えています。ゴンドラには通常のキャビンの他、床が透明なクリスタルキャビンもあり、よりスリルを味わうこともできますよ。ケーブルカーを登り切れば、もちろんこの大仏を見学に行くことができ、中に入ることもできるのです。晴れている日はなおのこと、大仏が神々しく見えることでしょう。

2つをつないで。

出典 http://www.tripadvisor.jp

同士をつなぐのはまた珍しい。

こちらはカナダのウイスラーにある「ピーク2ピーク」。その名の通り、二つの山頂をつないでいる、世界でたったひとつのケーブルカーです。山頂をつないでしまうなんて、大胆にして豪快ですね。

このケーブルカーには、二つの世界記録が。ケーブル塔の間の長さが世界一長いこと(3.03キロ)。そして、地上からの高さが世界一の地点があること(436メートル)です。この高さが災いしたのか(?)、ゴンドラからジャンプしようと試みて逮捕された人もいたそう。それだけ魅力的なケーブルカーということなのでしょうね。

大氷河を一望に。

出典 http://www.titlis.ch

雪一色の世界が。

続いてスイスの テイトリス山にある、「テイトリス ロテール」。このゴンドラ、実は進みながら回転するのです。回転ゴンドラは世界にいくつかありますが、こちらが元祖なのです。360度のパノラマが、座っているだけで楽しめるとは!

更に、乗る人々を迎えてくれる眺めは、なんとヨーロッパ最大級の氷河。雄大な景観でしょうね。テイトリス山頂に到着すれば、氷の洞窟探検や、これまたヨーロッパで最も高いつり橋を渡ったりと。まだまだお楽しみが待っています。

映画でもおなじみ?

出典 http://www.worldatlas.com

スリリングなシーンにぴったり?

今度は「シュガーローフ マウンテン ゴンドラ」。ブラジルはリオデジャネイロで楽しめます。このケーブルカー、実はこれまで数々のテレビ番組や映画にまで登場しています。”007”シリーズでは、ジェームズ・ボンドが悪党とゴンドラの上で格闘したり。

”ザ・シンプソンズ(アメリカのテレビアニメシリーズ)”では、人質をゴンドラの中で交換したり。確かに、手に汗握るシーンには正にぴったりなシチュエーションですね。シーンが記憶にある方は、リオデジャネイロのパノラマを仰ぎながら、思い出せるかもしれません。

景色こそごちそう。

出典 http://skvots.net

このに景色こそ、何よりの調味料?

お次は、フランスはレザールにある、「ヴァノワーズ エクスプレス」です。二つのスキーリゾ-ト地を結ぶこのヴァノワーズ。エクスプレスというその名の通り、世界で最も速いケーブルカーなんです。到着点と出発点がほぼ同じ高さ。なので、山を登っていくという感覚はありませんが。スキーリゾートを梯子したい方には、うってつけでしょう。

2014年には、”スカイ ダイナー”なるイベントを開催しました。ゴンドラの中で、乗客たちは伝統的な山岳料理のデイナーを楽しんだのです!きっと、ゴンドラからの景色が極上のソースになったに違いありません。次回はどんなイベントを催してくれるのか、期待できそうなケーブルカーです。

博物館も。

出典 http://www.tripadvisor.co.uk

いつ記録が破られる?

こちらはバ・ナ・ヒルズ ケーブルカー。ベトナムのダナンにあります。現在のところ、世界で最も長いこのケーブルカー。その長さは5キロ以上にも渡ります。温暖な気候の元で生い茂る手つかずの森や豪快に流れ落ちる滝を、長い道のりの途中で存分に楽しむことができるのです。

自然の美しさにうっとりしているうちに、5キロもあっという間にすぎるでしょう。ここには更にもうひとつの記録が。それは、ゴンドラの出発駅としては世界一の広さであることです。その広さを生かして(?)、駅には博物館も。周辺地域の歴史についての展示物を見学することができます。

絶景より絶叫?

出典 http://www.tripadvisor.ca

絶景を眺める余裕があるでしょうか…?

最後は「スタンサーホーン ケーブル」。スイスはルツエルンの名物です。このゴンドラは、世界初の、なんと”屋根なしゴンドラ”なんです。ただ、ゴンドラは2層になっていて、上の階に屋根がないということなのですが。

さすがに晴れた日には、世界でも類のない体験(!)をと、ほとんどの乗客が2階に上がっていくそう。最初はスリルを感じても、素晴らしい眺めにみとれているうちに、すっかりすがすがしい気分になってしまうのでしょぅね。

いかがでしたか。行ってみたい、乗ってみたいケーブルカーは見つかったでしょうか?せっかく海外に出かけたのなら、いつもとは違う”異次元の景色”を堪能してみるのも、いい思い出になることでしょう。

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス