雑穀、というと、どのようなものを想像しますか?
アワ、ヒエといったものでしょうか。

そのアワやヒエというと、どのようなものだと思いますか?
江戸時代、米がとれない貧しい農村で食べられていた、というイメージでしょうか。

でも良く考えてみてください。

逆を返してみれば、米がとれなくても、アワやヒエさえあれば、生き延びられるということの証でもあるわけです。

では実際、現代の栄養的な側面から見て、雑穀とはどのようなものなのか、ご紹介します。

ヒエ

出典 http://ja.wikipedia.org

白身魚のように仕上げることができるということで、“畑の魚”。
雑穀レストラン「つぶつぶカフェ」でいただくヒエのエスカベッシュは、感動するくらい白身の魚ソックリです。

アワ

出典 http://upload.wikimedia.org

栄養満点のアワ。ミネラル、ビタミン、食物繊維たっぷりです。
抗酸化物質にも優れているとのこと、老化予防にも効果的と言えますね。

もちアワは“畑のチーズ”。
そのまま食べても美味しいですし、チーズやクリームの代わりに使ったり、ソースとして使ったりすると、料理の幅も広がります。

キビ

出典 http://ja.wikipedia.org

特に高キビは“畑のビーフ”とされているそうで、栄養価が高いだけでなく、ハンバーグ等にして食べるとまるで肉のような食感になるのだとか。高キビのハンバーグは、下記の「つぶつぶカフェ」さんで食べられますよ。

これを主に食べると、食料不足の解決もできる!という意見もあるようです。

ソバ

出典 http://ja.wikipedia.org

ビタミンB群や生活習慣病を予防する効果があると言われているルチンが豊富。

日本で“そば”と言えば、麺として粋にすするのが通、というアレですが、世界的にいうとそばは小麦の代わりに使われることが多いようです。そば粉のクレープとか。

アマランサス

出典 http://ja.wikipedia.org

栄養価の高い擬似穀類といわれるもの。南米原産。

良質のタンパク質をたっぷり含んでおり、精白米の約2倍といわれています。カルシウム、脂質、鉄分、食物繊維、リン、カリウムなど。

オススメはたらこの代わりに使ってスパゲティに絡める「たらこスパゲティ風」に仕上げたもの。

アマランサス

栄養価の高い擬似穀類といわれるもの。南米原産。

良質のタンパク質をたっぷり含んでおり、精白米の約2倍といわれています。カルシウム、脂質、鉄分、食物繊維、リン、カリウムなど。

オススメはたらこの代わりに使ってスパゲティに絡める「たらこスパゲティ風」に仕上げたものです。


出典笑談会/ボナ!つぶつぶ

東京・江戸川橋にある雑穀レストラン「ボナ!つぶつぶ」のメニュー。
食べた感じは、たらこスパゲティそのもの。プチプチとした食感が楽しい。

キヌア

出典 http://ja.wikipedia.org

キヌアは他の雑穀同様に栄養価に優れているのはもちろんのこと、必須アミノ酸のバランスが良いそうです。2013年に「世界キヌア年」だったそうです。

食料の確保や栄養の安全保障、貧困撲滅、持続可能な農業の分野でキヌアが持つ潜在力についての理解が広がることを期待して国連により宣言されたものですが、それだけ素晴らしい食材ということがいえるでしょう。

サポニンやフィトエストロゲンといった成分も含まれているので、健康効果も期待大!ですね。

日本人のカラダをつくってきた穀類を食べよう!

出典 http://ja.wikipedia.org

もちろん、米や小麦も穀類ですから、ここに含まれても良い食材と言えますが、詳細を説明するまでもないでしょう。両方とも、できれば精製するまえのもの、米なら玄米、小麦ならふすま付のものを上手にいただくことで、しっかりと栄養をいただくことができます。

雑穀といわれるものを上手に取り入れて、健康やダイエット、美容のために活用していきましょう!

まずは外食で食べてみよう!

とはいえ、雑穀料理といわれても、なかなか米と一緒に炊き込む以外のレシピには馴染みがないものですよね。何かと面倒そうだし、自分でつくるのはリスクが高い……と思われる方は、まず外食してみることをおススメします。

東京都新宿区にある雑穀料理の老舗、「つぶつぶカフェ」さんは、閑静な住宅街の中にあってステキな雰囲気のカフェレストランです。

出典笑談会

パエリア風の雑穀ご飯、ふっく炊きあがって絶品でした。

雑穀に関連してセミナーなども開催していますから、興味のある方は、ゼヒ、そちらにも足を運んでみてください。

雑穀の可能性に感激しますよ!

出典笑談会

この記事を書いたユーザー

Yoshinao Tsuda このユーザーの他の記事を見る

サプリメントライター、コピーライター、制作ディレクターを経てフリーのライター兼編集となる。食品・食育・美容健康分野を中心に、宣伝・広告、書籍・雑誌と、企画・編集から納品までを受注。イラスト発注はもちろんのこと作成に至るまで幅広く活躍し、手描きPOPのセミナー講師なども務める。萬屋。主な編集著書に「東京ダイエットグルメ」「大豆ミートDEダイエット」(TBSサービス)などがある。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス