時計の常識を覆す?書いては消す画期的なロボ

時計は、デジタルにしろアナログにしろ決められた表示枠で毎日毎時間同じ動きをするのが一般的、というか常識でした。しかしこの度発案された新しい“時計”には、今までになかったワクワクが期待できそうです。

書いて...

出典 https://www.facebook.com

5分後に消して...

また書く!

出典 http://www.eteknix.com

チューリッヒのエンジニア、Maurice Bosさんが発案した「ホワイトボード・クロック」は、これまでの“時計”の常識を覆す不思議な全自動ロボ。ホワイトボードに固定されたアームにはマーカーがついており、なんと時刻を書き、それを5分ごとに書き換えていく、というもの。

手書きである必要も書き直してまで更新し続ける必要も、普通の時計と比べれば余計なもの。しかし、アナログよりもアナログなこの時計なら、毎回時間を確認するのもなんだかワクワクしそうになります。いらないけど見てみたい?面白アイデアでした。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

ODACHIN このユーザーの他の記事を見る

ドイツとHouseが大好物なフリーライター。着付けとドイツ語を習得中。
主に海外発のニュースを配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス