インドの路上でペンを売っている5歳の少年が、生まれて初めてマクドナルドを食べる様子を捉えた動画。これが今、世界中で話題となっています。

少年はストリートチルドレンであり、マクドナルドの前で毎日ペンを売っているにも関わらず、一度も店内に入った事がありませんでした。

そんな姿を度々見かけていた、インドの俳優”Varun Pruthi”さん。彼は様々な問題提起動画をアップする事でも有名な方なのですが、今回はストリートチルドレンに着目し、取材という名目で少年にハンバーガーをプレゼントする事にしました。では、その一部始終をご覧下さい。

出典 YouTube

あまりにも過酷すぎる現状…驚きを隠せません。

Varun Pruthi『全部食べていいよ!』

少年『一個は妹にあげるんだ!』

Varun Pruthi『えらいね。お母さんは?』

少年『お母さんは病気で寝ているよ』

Varun Pruthi『だから君が働いているんだね。お父さんは?』

少年『いなくなっちゃった』

出典 https://www.youtube.com

Varun Pruthi『学校に行きたい?』

少年『もし、僕が学校に行ったら、どうやって食べていけばいいの?』

出典 https://www.youtube.com

5歳の子供が心配するような事ではありませんよね。

この後、Varun Pruthiさんは少年が売っていたペンを全て購入。

この笑顔。本当に嬉しかったんでしょうね。

Youtubeのコメント欄には『一生面倒みるつもりなの?』『売名行為だ!』と、心無い方のコメントも多数見られるのですが、少年にとって、この日の出来事は、きっと忘れる事ができない”最高の思い出”となることでしょう。

現在、インドには約6千万人もの児童労働者がいると言われています。Varun Pruthiさんの『この映像がきっかけとなり、多くの人々がこのような問題に関心を持ち、支援や援助の輪が広がっていってほしい』という思い。少しでも多くの人にその願い…伝わるといいですね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス