草の物と呼ばれる忍びのものお江

出典 https://twitter.com

わたしの名はお江という。草の者と呼ばれる忍びのもの。時代の変化がめまぐるしい戦国の世に生きておる。この時代も激変の世のようじゃな...。草の者は、そんな世のなかの動きを知るのが仕事なのじゃ。いつの世も大事なことは変わらぬのじゃな。

深くて面白いお江のTwitter

お江をご存知ですか?こっそり生きる忍びの女。忍びと言えば、なんだか「日陰の女」的イメージですが、その苦労(?)故か心に沁みるツイートをしています。

身は去っても心は残す

グサッと心に刺さります。

角兵衛どのは誰なのかはわかりませんが、お江の言葉が胸に沁みます。

おのれを愛すること

自分の良い所も嫌な所も、全てを認めて愛すること。お江…深いです。

落ち込むことが増えたのは世界が広くなったから

この一言大好きです。

何でも比べがちな世の中。「他人と自分は違う」ことを忘れてはいけませんね。みんな同じではありません。

好きなだけではダメ

相手とどう生きるのか。相手の為に何が出来るのか考えることが大切です。

深い一言に心揺さぶられる人続出中

又五郎になったつもりで読んでみる

はい!お江さん!と思わず返事をしたくなります。

人間関係にも言及します

人間関係で悩む人も多い現代。このつぶやきを3回読むと何かが変わるかもしれません。

自分が楽しむことが他人のためになる

うっかり間違えがち「おもてなしの心」

言葉より行動が大切ですね

乗り越えられない困難はおこらない

ピンチとチャンスは常に背中合わせ。ピンチであってもそれはチャンスなのかもしれません。

それぞれにそれぞれの良いところがある

「若いから」「歳をとっているから」それだけで何かを決めるのはもったいないこと。余計なフィルターは外して人それぞれの良いところを見つめてみましょう。

「案じる」ことと「心構え」の違い

この違いを知っているのと知らないのでは大きな差があります。

信じること

なんとなくわかっているような言葉でも、なんとなく聞いたことがある言葉でも
改めて読むことでまた、改めて感じることができるもの。大切なことは忙しさで見失いがちですが、ふとした時にお江のツイートを読んでみるのもいいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

magic of album このユーザーの他の記事を見る

みんなの編集局公式ライター。テンション上がることやちょっと気になること、面白いことを中心につらつらと。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス