大切なイベントやデート等で、しっかりとヘアセットをすること、ありますよね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

女性であれば、誰しもこのような機会があると思います。

一方で、「ヘアセットした後、髪の毛をシャンプーで洗うと、髪の毛が傷んでしまう」ということはありませんか。今日はなるべく髪に負担をかけずに汚れを落とし、美髪を保つ方法をお伝えします。

おすすめ:シャンプー前のコンディショナー。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

頑固なヘアセットをした髪の毛を、丁寧にシャンプーをしても、なかなか汚れが落ちにくいことがあります。これは、多くのシャンプーに、油に強い界面活性剤が使われていないからです。一方、コンディショナーやトリートメントには沢山の油が使用されていますので、ワックス等、油成分のスタイリング剤も、髪の毛に優しく落とすことが出来ます。

コンディショナーのほか、トリートメントでも汚れを落とすことが出来ます。

スタイリング剤を落とす際の、髪の毛の洗い方 その1:コンディショナーを使用する前に、しっかりお湯で汚れを落とす。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

スタイリング剤を付けている髪の毛には、髪を濡らす前のブラッシングは、却って髪の毛を痛めてしまいますので、不要です。その代わりに、しっかりとお湯で髪の毛を洗いましょう。

その2:コンディショナーを髪の毛に丁寧に揉み込んで、スタイリング剤を乳化させる。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

固まった髪の毛は、コンディショナーを揉み込むことで、スタイリング剤が乳化され、汚れを落としやすい状態になります。油分を含んだメイクをクレンジングで落とすのと同じ原理です。丁寧に行いましょう。

その3:お湯でしっかりと髪の毛をゆすいで、コンディショナーを落とした後は、シャンプーをする。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ここからは通常の髪の毛を洗う手順と同じです。

シャンプーのあと、コンディショナーやトリートメント等で髪の毛をしっかりケアしてあげて下さい。

その4:お風呂あがりのブラッシングは毛先から。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

毛先からブラッシングをすることで、髪の毛の絡まりや抜け毛を予防することが出来ます。頭皮から強くブラッシングをすると、せっかく髪の毛を洗っても傷みやすくなるので注意が必要です。

髪の毛にも休息を…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

髪の毛は日々、紫外線やスタイリング剤、ヘアアレンジのピン止めやブラッシング等、負担がかかりやすい状況にあります。だからこそ、なるべくやさしくケアをすることが大切です。

髪は女の命。丁寧にケアをして、いつまでも美しい髪の毛をキープしましょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス