一枚板で作られたダイニングテーブルの良さ。重厚な存在感はリビングの中心となります。

出典 http://www.sekikagu.co.jp

一枚板で作られた木目の美しいダイニングテーブルは憧れですよね!無垢材が注目を集め始め、今ではダイニングテーブルにも一枚板の無垢材のテーブルを求める方が増えています。価格もピンからキリまで!買い方次第で、意外とお安く手に入れることも出来ます。

一枚板のテーブルに使われる木はどんな種類があるのか?

ナラ(どんぐりの木です)

ドングリの木としてお馴染みのナラ。その最大の特徴は「曲げ木と言えばナラ」と言われるほど、粘りがある材質と、柾目に見られる「虎斑」(虎の模様に似ているため)と呼ばれる木目です。

出典 http://www.brunchone.com

ナチュラルな色合いの木ですね。自然素材なので木目の美しさは個々によって違いますし、同じ材木でも風合いも印象もかわりますのでご注意くださいませ。

ブラックチェリー(アメリカンチェリーがなる木)

アメリカンチェリーがなる木のブラックチェリー。特徴はなんといっても色合いの変化です。時間が経つにつれ赤みを帯びて変化します。

出典 http://www.brunchone.com

時間の経過と共に変化していく板というのは、味わいが出やすいので非常に人気のタイプになります。

ウォールナット

出典 http://www.tokkoyasan.com

世界三大銘木のひとつとして有名なウォールナット強度があり、狂いが少なく、重厚感と高級感のある色目と木目で非常に人気の高い木材です。時間が経つにつれ、だんだん薄くなっていくのが特徴です。

出典 http://www.brunchone.com

ブラックウォールナットは我が家はフローリングの床材として導入しましたが、色がかなり濃いのでテーブルだと、しっかり拭くなどしないとほこりが目立つかも?

古くから日本文化に馴染みの深い楡の木。割れにくく、粘りのある材質で曲げ木に向いています。

出典 http://www.brunchone.com

ナチュラルな色合いで木目が柔らかく、木の風合いも明るい感じの木です。

チーク

出典 http://velex.co.jp

美しい木目と厳しい環境で生育されることで得た強靭な耐久性から、高級木材として有名なチークは世界三大銘木のひとつです。そのチークの中でも特にミャンマーチークは「本チーク」と呼ばれ、インドネシアやマレーシアの「植林チーク」に比べ、耐久性・耐水性が高く、特に抗菌・防虫性に優れていることが特徴です。

出典 http://www.brunchone.com

色合いが濃く木目をよりハッキリと表情で表すタイプの木ですね。

ちょっとお値段が高すぎる!安く変える方法は無いの?!

この一枚板の無垢材テーブルは買おうとすると値段がビックリするくらい高いものばかりですが、実は安く買う方法は意外とありました。

それは、個人営業の「一枚板の状態で販売しているところ」で買うことです。

塗装も何もしていないので、基本的な印象は「コレ・・・?」と思いますが、きれいに磨かれて塗装されると、ほぼ立派な家具屋さんに売ってあるものと同じものが出来上がります。足の部分も、もちろん別売りですが家具屋さんで購入するより数段お買い得です。

中々客がつかない一枚板の無垢材テーブルはお店の在庫として長年寝ていることが多く、個人営業の方であればはやく売りたい気持ちもあるようでかなり「お勉強」してくれるところが多いです。

お値段交渉や、足の長さも自分好みに出来るし、いいこと尽くめです!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス