写真家エリック・ヨハンソン

出典 http://guillaumegalante.com

こちらのイケメンはスウェーデン生まれで今はドイツで活動しているアーティスト、エリック・ヨハンソンさん。

カメラマン兼、デジタルアーティスト。

幼少の頃から画家であった祖母の影響で絵を描き始め、15歳の時にデジタルカメラを手にし、撮影をした被写体に絵を書き加えるようにデジタル処理を始める。

リアルとリアルを組み合わせる事で生まれる彼の作品はなんとも不思議な世界を生み出している。


4.

出典 http://www.ted.com

9.

出典 http://imgur.com

11.

出典 http://highlike.org

出典 YouTube

いかがでしたか?

彼は今やGoogleやマイクロソフト等の世界的大企業ともコラボして作品を発表しているようです。

一番最後の動画は、バスを待つ人々の写真を撮り、その場で神業的速さで加工し、ディスプレイに表示させて、被写体になった人を驚かせるというもの。

これだけ簡単に写真を加工できると楽しいでしょうね。

彼が写真を加工する上で大切な3つのルールを掲げています。

それは...

1.合成する写真は同じ視点でなければならない事。

2.合成する写真の光の条件が同じである事。

3.合成した写真がどこから始まるのかわからないよう繋ぎ目をなくす事。

簡単そうですが、いとも簡単にやってのける彼の才能にただただ驚くばかりだ。

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス