大ヒット映画『アナと雪の女王』でアナ役を演じた神田沙也加さんと、その主題歌「レット・イット・ゴー」を歌ったMay J.さん。映画のヒット以来、その舞台裏が様々に取りざたされていますが、いま、2人の友情が話題を呼んでいます

『アナと雪の女王』のヒットと共に…May J.さんのブレイクとバッシング

出典 http://www.may-j.com

May J.さんを『アナと雪の女王』で初めて知った、という方も多いのではないでしょうか?何を隠そう、彼女は過去にヒットした持ち曲がないまま有名になった異例の歌手。

幼い頃に見たディズニーアニメの世界に憧れ歌手を目指すもなかなか芽が出ず、バラエティ番組の“カラオケ得点対決”に出演したところ、見事歌唱力を認められ、夢であったディズニーアニメの世界へと抜擢をされたのでした。

“カラオケ女王”としての来歴がバッシングの原因に

出典 https://www.youtube.com

しかし、その一方でバッシングの声も多くなりました。“カラオケ女王”と呼ばれていたMay J.さんの来歴も手伝って、日本語版主題歌としてMay J.さんが歌うエンドソング版より、エルサ役を務めた松たか子さんが歌う劇中歌の方が“本家”として捉えられてしまったのです。

May J.がツアーグッズとして「アナと雪の女王」Tシャツを発売したり、歌番組にエルサの衣装で登場して熱唱したりするたびに、ネット上では「便乗しとるだけやし」「本家聞きたいわ」「松たか子の歌でレリゴー流行ったのにメイジェイばっかテレビに出てただの便乗にしか思えん」「歌えば歌うほど松のほうが聴きたいと言う声が大きくなる」などといった非難の声がまとめられる。

出典 http://www.excite.co.jp

May J.は、「『なんでエンドソングはMay J.が歌ってるの?』と思っている人が多い」という現状を残念そうに話した。

出典 http://news.mynavi.jp

本来、劇中歌とエンドソングは別のアーティストが担当するもの。こうしたバッシングについて彼女は、「正直すごくつらかったし、寂しくなった」と語りました。

共演を介して信頼関係を築いていくMay J.さんと神田沙也加さん

出典 http://ameblo.jp

それでもMay J.さんは、そんな世間の厳しい反応とは別に『アナと雪の女王』でアナ役を演じた神田沙也加さんと共演を介して信頼関係を深めていきます。

ミュージックステーションだけの「アナと雪の女王」スペシャルメドレーどうでしたか?沙也加ちゃんのミュージカルのようなパフォーマンス本当に素敵で感動しました!ステージもとても華やかで楽しかったなぁ☆

出典 http://ameblo.jp

May.Jさんのブログからも、仲のよさが伺えますね。

「アナ雪」ヒットで、2人でTV出演する機会も増えた

出典 http://natalie.mu

「アナ雪」が前代未聞のヒットを遂げるなかで、揃ってTV番組に出演する機会も急増した2人。そこには、同じ作品を支える共演者として、または苦しい下積み経験を経た同士として、言葉にはできない想いがあったようです。

そのことが分かる写真が、こちら。

「我が戦友。」グッとくる一言が添えられた沙也加さんのインスタ

出典 https://instagram.com

神田沙也加さんがInstagramで公開した、May J.さんとの2ショット。

May J.さんを紹介する「我が戦友」という一言から、作品を通して一緒にがんばってきた仲間だと認め合っていることがわかります。

この日は2人ともスペイン坂スタジオでラジオの収録があり、待ち合わせをしていたことをTwitterで明かしています。

二人で帰り時間を合わせる仲のよさにSNS上でも反響の声が続々と。

コメントの裏に隠された、神田沙也加の知られざる苦労の過去

出典 http://news.ameba.jp

May J.さんを「我が戦友」と表現した神田沙也加さん。同じ「アナ雪」メンバーとして、世間からの誤解に負けない彼女の姿を見てきたこそ生まれる言葉でもあったはずです。

そして何よりそんな心の痛みが理解できたのは、神田沙也加さん自身にも、辛く苦しい過去があったから…

いじめによる4回の転校を経験した中学時代

出典 http://www.gettyimages.co.jp

その過去を語るにはまず、神田沙也加さんの中学時代にさかのぼります。

ご存じ、国民的大スターである松田聖子さんの娘として生まれた神田沙也加さん。彼女は自身のスタイルブック『Dolly girl』の中で、ビッグネーム過ぎる母親の影響も手伝い、環境や周囲の人々の変化にことごとく翻弄された中学時代をこのように振り返っています。

《最初は高校までエスカレーター式の学校に通う予定だったんです。でも入学ギリギリになって、親が海外を拠点として仕事をすることになって……》(『Dolly girl』より)

出典 http://news.livedoor.com

両親の都合により、私立中学校で寮生活を送ることになった先には、“あの”松田聖子さんの娘がゆえに待ち受けていた辛く苦しい日々がありました。

〈寮ではすさまじいいじめが待っていて。寮生活でのいじめって逃げ場がないんですね〉(『Dollygirl』より)

出典 http://ch.nicovideo.jp

同書内では、下着を盗まれ、皆の前に晒されたり、布団がびしょびしょに濡らされるなど寮で経験した様々ないじめが語られています。

《中学校は正直辛いことしかなかったです。結局4回転校を繰り返しました。》(『Dolly girl』より)

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

さらには学校のいじめだけでなく、母親との軋轢も彼女を悩ませるひとつの課題となりました。

母・松田聖子さんとの軋轢、自分の将来についての悩み

’01年、中3の春にSAYAKAの名でデビューしたとき、彼女はまさに「親の七光り」だった。’02年のCDデビュー曲『ever since』は20万枚売れたが、プロモーションに10億円かかったといわれるわりにはあまり大成しなかった。(中略)デビューがうまくいかないと、母は留学を勧めた。

出典 http://news.livedoor.com

しかし、沙也加さんは留学を断りました。日本での仕事を選んだ彼女が向かったのはミュージカルのオーディション。

そこで出会った演出家である宮本亜門さんから、「あなたはあなたでいいんだよ」とメッセージをもらった彼女は、自分の意思で進路を決めます。

選んだ道は、ミュージカル女優

出典 http://www.tosasearch.com

2005年から1年半休みをとり、ニューヨークやロンドンの舞台を観て学びました。

その後、勝手な休養に激怒した聖子さんから生活費が凍結され、毎日カップ焼きそばで過ごした時期もあったといいます。しかし、本格的に舞台女優として歩き始めた彼女…。

2006年の復帰から約8年経った2014年『アナと雪の女王』で再び輝かしい脚光を浴びることとなったのです。

長い冬を超え、『アナと雪の女王』が大ヒット

出典 http://www.bunkatsushin.com

文化通信社が発表した、2014年における作品別興行収入で、本作が累計興収254億7,000万円で邦画・洋画作品の中で年間ベストワンとなった。

2014年6月2日には日本での興行収入が212億円を突破した。また、累計の観客動員数は1601万人を超え、『ハリー・ポッターと賢者の石』を上回って日本歴代3位となり記録的な大ヒットとなっている。

出典 http://ja.wikipedia.org

国内動員1000万人を超えるのは「崖の上のポニョ」(2008年公開)以来6年ぶりのことでした。

神田沙也加さんが主人公アナの声を演じたディズニー映画『アナと雪の女王』は瞬く間に記録的ヒットを飛ばし、彼女を一躍スターダムへと押し上げました。

ヒットに至った理由
のひとつは、劇中で歌われた楽曲の素晴らしさ。主人公アナとその姉エルサの想いをメロディにのせて歌い上げた神田沙也加さんと松たか子さんに、惜しみない賞賛の声が浴びせられたのです。

そこには言うまでもなく、神田沙也加さんが培ってきた舞台・ミュージカルでの経験が生かされていました。自身が再評価されるきっかけともなった原点である舞台を、彼女は次のように振り返っています。

一つのジャンルを極めたい、一つのジャンルを意図的に選んでやっていきたいという思いで復帰したので、そこからは意図的に舞台ばかりをやってきました。というのも、17歳の時に宮本亜門さんとご一緒させていただいて、その時の思い出が、"舞台・ミュージカル=楽しい"という記憶だったので、その記憶を頼りに舞台という道を選んだ気がします。

出典 http://news.mynavi.jp

“楽しい”を起点として、伸びやかな表現力を舞台経験から身につけた神田沙也加さん。

天真爛漫で愛に溢れるアナは、まさにギフトと呼ぶにふさわしい役どころだったのではないでしょうか。

松田聖子さんの涙に見えた母娘の新しいカタチ

出典 http://ameblo.jp

2014年、大旋風を巻き起こした『アナと雪の女王』は、年末のNHK紅白歌合戦をも席巻しました。アメリカ版「アナ雪」で劇中歌を歌ったイディナ・メンゼルと共に「レット・イット・ゴー」を日本語バージョンで歌い、観客を一斉に魅了したのです。

また、スタジオからその様子を見届けた松田聖子さんの表情に注目が集まり、大きな話題となりました。

NHKホールのステージにいた松田聖子(52)は、感慨深げにその映像を見つめ、右目をぬぐって涙があふれるのを押さえていた。

出典 http://www.nikkansports.com

Twitterでももらい泣きの声多数

娘の晴れ舞台を見守る松田聖子さんの涙には、様々なドラマを超えてきた積年の想いがこもっているのでしょう。どんな過去があったとしても、母と娘の愛情は変わりなく存在していることを私たちに知らしめてくれる一幕でした。

歴史的名作として名を残すこととなった『アナと雪の女王』。そのヒットの裏には、May J.さんや神田沙也加さんをはじめとする多くの人々のドラマがありました。様々な経験を経て心の機微が分かるようになった彼女たちだからこそ、作品により一層の深みと色を添えることができたのかもしれません。

オリジナル曲にも力を入れ新曲『Rebirth』をリリースしたMayJ.さんと、音楽ユニットTRUSTRICKとしてツアーが決定している神田沙也加さん。今後も彼女たちのさらなる活躍に期待が高まります。

この記事を書いたユーザー

うらら このユーザーの他の記事を見る

ネットを中心に執筆活動をしております、うららと申します。ネットやテレビで話題になっていることを独自の観点で(?)まとめていますので、楽しんでいただけると幸いです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス