「大人になったら馴染みのBarがある」ことに憧れませんでしたか?

そこは、自由が丘駅の喧騒を離れて徒歩5分ほど。静かなビルの2Fにひっそりとある。
小さな看板と、店内が見えるガラスの扉を通りすぎると革張りのソファーと無数に並んだアルコール。

木製のカウンター席の革張りのソファーはもちろん1人掛け。カウンター席のみなので、マスターとゆっくりお酒の話ができる。

食事もできてお酒も飲める静かな時間

ボルチーニ茸のリゾットは絶妙なアルデンテ。マスターは元フレンチシェフ。Barだからと言ってフードの手も抜いていない。元職人らしい丁寧な作業で作る。

お酒の飲めない人でも気軽に行けるのはデザートも絶品だから

Barと聞くと、お酒に詳しくてアルコールに強い人が通うイメージだが
このお店はちょっと違う。ノンアルコールでもいいのだ!だってデザートが絶品なのだから。

アップルパイとシナモンのアイスクリーム

ザッハトルテとチョコレートのムース

ノンアルコールドリンクでシェフのデザートを堪能することも大歓迎!の優しい空気感。

苺のミルフィーユ

出典 https://www.facebook.com

元シェフのマスターが丁寧に作るデザートは、とても軽い。しつこさのない甘さでどんどん食べてしまう。その日によって違う「本日のデザート」。

「今日のデザートは何か?」と聞くのがとても楽しみな一品。

静かに飲みたい日は是非扉を開けてみてほしい場所

出典 https://www.facebook.com

考え事をするにも、静かにお酒を楽しむにも、ちょっといいお酒で軽めの食事をしたい時にもおススメなこの場所。

花火が付いたような派手なカクテルはないが、静かな時間と共にお酒を味わいたい人や「本物のBarに馴染みの店が欲しい」人には是非おススメしたいお店である。

この記事を書いたユーザー

magic of album このユーザーの他の記事を見る

みんなの編集局公式ライター。テンション上がることやちょっと気になること、面白いことを中心につらつらと。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス