フレンチトーストって美味しいですよね

卵と牛乳と砂糖に浸して焼くだけで、簡単に幸せな気持ちにさせてくれる美味しさのフレンチトースト。でも、フレンチトーストを作る際に砂糖がガチガチに固まっていたりするとがっかりしませんか?卵と牛乳では溶けないし、フォークで潰すのも一苦労。

固まった砂糖をお料理に使うのは、潰したり溶かしたりとなかなか手間がかかります。日常の小さな「イラッ」を減らす為にもフレンチトーストを作る際に一気にすっきり!
サラサラの砂糖に戻してしまいましょう。

固まった砂糖にはアレを入れてしまおう

固まってしまった砂糖をサラサラに変える物。それは「パン」。フレンチトーストを作る前日に、適当にカットしたパンを砂糖容器の中に入れて眠ってしまいましょう。フレンチトーストを作る頃にはサラサラの砂糖に出会えるはず。

固く岩のようになってしまった砂糖をサラサラに戻すためには、水分が必要となります。パンの水分を砂糖が吸ったことにより砂糖がサラサラに戻るとのこと。固まりが残っていてもサクッと簡単に崩せます。

あとはフレンチトーストを食べるだけ

砂糖に水分を取られたパンは水分が抜けて固くなっていますのでサラサラになった砂糖と卵と牛乳にしっかり浸して、美味しいフレンチトーストに変身させてください。

こちらの記事も合わせてどうぞ

この記事を書いたユーザー

magic of album このユーザーの他の記事を見る

みんなの編集局公式ライター。テンション上がることやちょっと気になること、面白いことを中心につらつらと。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス