少年のようなイネスの笑顔には、シャツカラーが良く似合う

出典 http://www.uniqlo.com

もうすっかりユニクロの顔になったイネス・ド・ラ・フレサンジュは、貴族階級出身で、シャネルのスターモデルとして長くファッション業界で活躍しました。

2013年に自身のブランドを立ち上げ,2014 S&S COLLECTIONよりユニクロとのスペシャルコラボレーションINES DE LA FRESSANGE PARISを展開しています。



       

気品のあるデザインとスタイリングはイネスそのものと言われ、彼女の日常に憧れる多くのファンを獲得しています。

今春夏はこのブランドお得意のシャツカラーのデザインが素材、パターンともに美しく仕上がっています。イネスらしさとは?という部分に注目しながら、私の勝手な好みでお薦めのデザインをご紹介いたします。


                  

イネスっぽさとは? 一言で言えば、マニッシュでグレイスフル!パリっ子のエスプリそのもの

出典 http://www.uniqlo.com

媚びないシャツカラーの造りに、パリの伝統技が光ります。基本的に襟には首から離れた甘い襟と、首に沿った辛い襟とがあります。辛さはメンズっぽさとイコールですが、イネスが好んでデザインするのは辛い襟、シャープでクールなマニッシュ襟なのです。

シャープな襟は中に入れる芯地やパターンが決め手になります。台襟付きのシャツカラーの第一ボタンをはずした時に、襟がしっかりと立ちあがって顔映りを華やかにする。これが重要です。

スッと立った本物のシャツ衿の下に、女らしさが見え隠れする。イネスのエスプリです。

price \2,990+消費税

ステンカラーのスプリングコートは、華奢な肩のラインのこだわりがエレガント

出典 http://www.uniqlo.com

マニッシュなイネスのデザインは、パターンと素材感に究極のこだわりがあり、カジュアルでありながらエレガントな大人の女をイメージさせます。ステンカラーの襟から肩、袖にかけてのラインに彼女らしさが見えます。

このラインがフィットしていないと、お父さんコートになってしまいますから。インナーにさらに白シャツを組ませても、このシルエットならカタくならない。袖幅の細さが、全体のイメージをシックにまとめています。

グレイスフル、優雅で上品なカジュアルです。

price \9,990+消費税

レトロな小花模様が好きなパリジェンヌ

出典 http://www.uniqlo.com

フェミニンというよりもエレガント。それはイネスの育ちの良さから来る気品が、すべての商品の原点にあるからです。花柄ワンピーという女らしいアイテムを、あえてシャツカラーで清楚な雰囲気にデザインしているところに彼女らしさを感じます。

金髪で手足の長いパリジェンヌが、このワンピースに白いソックスとスニーカーで石畳を歩いて行く・・そんな姿が浮かんできます。

price \3,990+消費税

仏映画「冒険者たち」のジョアンナ・シムカスを知っていますか?

出典 http://www.uniqlo.com

一世を風靡したアラン・ドロンとリノ・バンチュラ、そして金髪のロングヘアーが良く似合うジョアンナ・シムカス。海を舞台にした「冒険者たち」は、海底に眠る財宝を追いかける人々の愛と悲劇の物語。とてもフランスっぽい粋な映画でした。そんなシーンを思い出させる素敵なコーデですね。

コットンのクロップトパンツに合わせるシャツは、レース柄が上品です。

出典 http://www.uniqlo.com

price \3,990+消費税

出典 http://www.uniqlo.com

price \2,990+消費税

エアリーなフラワープリントに甘すぎないシャツカラーのデザインがイネスっぽい!

出典 http://www.uniqlo.com

こんな小花のプリントは、パリジェンヌが好んで使うパターンです。この上にコンパクトなニットカーデを羽織ってみたり、スプリングコートを合わせてみたり、着回しが効いて春らしいエアリーなデザインです。

イネスお得意のシャツカラーで、きちんと着たいシルエットです。サイズ感はとても重要ですから、こんなデザインはしっかりフィッティングして写真のイメージで着こなしたいですね。

女らしいデザインは、あえてフラットなシューズで足もとは軽く!

出典 http://www.uniqlo.com

dress \3,990+消費税

belt \1,990+消費税

パリのカフェには、こんな娘達がいっぱいですね

出典 http://www.uniqlo.com

仏映画「アメリ」のオドレイ・トトゥや「ショコラ」のジュリエット・ビノシュの様な小柄でキュートなパリジェンヌを思わせるコーデです。

思春期の女の子が媚びてみたり、そっぽを向いたりする、そんなアンバランスなミスマッチ感にドキドキさせられます。ノーメイクに近いナチュラルテイストが、このコーデにはお似合いかもしれません。レトロでフェミニンな花柄もネイビーでまとめて、マニッシュなフラットシューズがパリっぽいですね。

出典 http://www.uniqlo.com

price \2,990+消費税

出典 http://www.uniqlo.com

price \2,990+消費税

いかがだったでしょうか?イネスの服がこのプライスで買えるなんて、と私はいまだに信じられない気持ちです。だって、ホントに彼女のこだわりが満載ですから。プチプラは沢山ありますが、本当に価値のある物を買いたいですよね。

この他にもジャケット、ニット、T-シャツ、小物等などアイテムも豊富ですが、あくまでも私目線のチョイスで、イネスブランドについてご紹介させていただきました。これから販売予定の夏物もサイトにありますので、ご覧になって下さい。参考にしていただけたら、嬉しいです。

注:サイズ、素材、カラー、priceの情報(セール)などは、出典元のサイトでご確認ください。

この記事を書いたユーザー

makibako このユーザーの他の記事を見る

婦人服のデザイナー&企画アドバイザーです。
ファッション、芸能を中心に書いています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • エンタメ
  • ファッション
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス