誰もが一度は憧れる『ダンクシュート』。そんなダンクシュートを夢見て、6ヶ月もの間、挑み続けた少年がいます。ちなみに彼の身長は173cm。

『リングを掴む事すら難しいのでは?』とも思えるのですが…

彼の努力は並大抵ではありませんでした。まずはダンクの最低条件でもある”リング掴み”を4週目でクリアし…

8週目には、リングから手が出る程のジャンプ力をGET!

12周目には実際のダンクをイメージして…

ボールをトスしてもらうのですが…

やはり、ボールを持つと、なかなか上手くはいきません。

普通ならここで諦めるところですが、彼はボールのサイズを小さくし、ダンクの感覚を掴む練習法を開始!

17週目にはこの高さ!ダンク成功が見えてきた!?

19週目からボールのサイズを戻し…

あとは何度も何度もジャンプを繰り返し、ダンク成功を目指す彼。果たして、夢のダンクは成功するのか。では6ヶ月の努力結晶。ご覧下さい。

出典 YouTube

地上から3m05cmの位置に設置されているバスケットリング。4.5回ジャンプをすれば『これは無理』と諦めてしまいそうですが、彼のダンクにかける熱意と努力。これがダンク達成に繋がったの間違いありませんね。

なお、余談ですが、アメリカのプロバスケットボールリーグ『NBA』には、ネイト・ロビンソンという選手がいます。彼は身長は175cmと小柄なのですが、オールスターのスラムダンクコンテストで3度も優勝しています。ひょっとすると彼は、ネイト・ロビンソンの影響で始めたのかもしれませんね。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス