2011年3月11日 ジャパンツアーを敢行した理由

地震直後から数々の音楽イベントがキャンセルされ、外タレ達が先を競うようにして帰国していくなか、シンディは予定通り全てのライブを決行するという決断

出典 http://www.lastfm.jp

東日本大震災の大混乱の中、シンディーローパーは、日本にとどまるという結論を出しました。

出典 http://www.wikitree.jp

【シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)本名:シンシア・アン・ステファニー・ローパー(Cynthia Ann Stephanie Lauper)】アメリカ合衆国の歌手・女優。グラミー賞を始めとして数々の受賞経験があります。また、【七色の声を持つ歌手】【永遠のガール】と称されていることでもしられています。

2011年3月、東日本大震災の混乱の中、行われたシンディローパーのツアー。 日本から逃げ出す人がいる中、あえて日本に残り、ステージに立ちました。

自分にできることは音楽、だから音楽で力を与えたい、少しでも日本の役に立てるならと。音楽の持つ意味は何なのか?彼女の取った行動は、ファンならずとも勇気をもらえたことと思います。

「ニュースを見て、何が本当に危険なことなのか、自分の状況を確認したところ、自分は仙台でも福島でもないところ(東京)にいて、危険じゃないことが分かった」

(中略)

「帰ったら『True Colors』で歌っていることと矛盾してしまうとも思った。私と日本の関係は長いもの。だから残った」

出典 http://www.news24.jp

シンディが初めて日本に来たのは1986年。でも、彼女と日本との繋がりは、売れる前に始まっていました。

『True Colors』

出典 https://www.youtube.com

If this world makes you crazy

And you’ve taken

all you can bear

You call me up

Because you know I’ll be there

もしこの世界があなたを狂わせているなら

そして、あなたが

耐えうる全てを背負っているなら

私を呼んでちょうだい

ねえ、私はそこに行くからね

出典 http://lyrics.red-goose.com

True Colors トゥルー・カラーズ(本当の色)。大の親日家として知られるシンディローパー。まだ売れる前に関わった一人の日本人女性。その人が、今までの彼女と日本の関わりを親密にしているきっかけになったと言うのは有名な話です。

音楽の持つ力とは?

「(ライブで)つらいことを忘れられればいいと思って。音楽は癒やしになるから。そんなパワーをみんなにも伝えたいと思ったの。私はロックンローラー。ロックが世界を救えると思っている」

出典 http://www.news24.jp

自分にできることは音楽、だから音楽で力を与えたい、そして少しでも日本の役に立てるなら

出典 http://snn.getnews.jp

「私がとどまって八十~九十分パフォーマンスをすることで、みんなにちょっとした気晴らしをしてもらおうと思ったのだ。元気を出してもらいたかった」

出典 http://www.zakzak.co.jp

「こういう時こそ音楽で力を与えたい」

出典 http://www.barks.jp

「日本は、これまで世界中の困っている人を助けてきた。だから今回はみんなで日本を助けたい

出典 http://garyu-machiai.cocolog-nifty.com

あなたにお願いがあります…

私は、彼女に手紙を書きました。 「シンディ、あなたの立場 私は、理解しています。分かった上で、私はあなたにお願いがあります。 しかし、あなたが嫌なら断わって下さい。 ここに、日本国旗があります。

この国旗には、被災者の方、東北地方のあなたのファン今回のツアーに来れなかったファン 被災にあって家族の安否がわからない私の友人 色々な思いが込もっています。 あなたに、シャインを歌う時に背中に背負って欲しい。 だめなら、このまま、広げずそのままにして置いて下さい。」

出典 https://www.youtube.com

この手紙に対してシンディが取った行動とは?ぜひ、自分の目で確かめてください。

出典 YouTube

シンディ・ローパー 3月21日 NHK大阪ホール シャイン

節電の為、極力電気を暗くし、その中で行われたライブ。シンディの希望で、この様子はインターネット配信されました。会場へ来ることのできなかったファンの為に、そして、彼女の大好きな日本の全ての人へメッセージを送る為に。

会場に設置された募金箱。ライブ終了後シンディはそこに現れ、ファン一人一人とハグをしました。

東日本大震災から一年 再び日本へ…

「世界的スターであるシンディ・ローパーが来校する、というご提案をいただいて大変驚きましたが、何よりも、直接子供たちに声をかけていただけることが励みになります。

震災以来、世界中からメッセージはいただいたのですが、ご本人がいらっしゃるということはないので、日本に来てくれて言葉をかけていただけることが本当にありがたいです。」

出典 http://www.barks.jp

東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県石巻市立大街道小学校を訪れ、子どもたちに桜の苗木10本と元気を贈った。(中略)子どもたちに「寄付金ではなく形に残るものを」と桜の苗木(1.5m)10本を手渡し、復興のシンボルとしての願いをこめた。

出典 http://www.barks.jp

過去にはこんなことも…

阪神淡路大震災のチャリティイベントや募金活動、地雷撲滅の為の活動、人権擁護活動など、様々な活動を行っています。

95年の阪神・淡路大震災発生の際にもいち早く支援活動を行い、今年3月の来日公演では自ら募金箱を手にとり義援金を募るなど積極的に復興支援を行った。

出典 http://www.zakzak.co.jp

「Girls just want to have fun」

出典 YouTube

怒り狂う客らを落ち着かせるために行った粋な計らい…

2011年3月4日、アルゼンチンの空港では、フライト・スケジュールが大幅に乱れており、欠航や遅延が相次いでいました。足止めされた乗客は、空港側に抗議して大騒ぎ。その場にたまたまフライト待ちをしていたシンディ・ローパーが居合わせ、怒り狂う客らを落ち着かせるために、ある粋な計らいを行いました。その映像がこちら…

日本だけでなく、ファンや、人との繋がりを大切にするシンディローパーの逸話はたくさんあります。御年61歳とは思えぬ彼女のホスピタリティとバイタリティ溢れる姿を是非感じていただけたらと思います。

この記事を書いたユーザー

prprpot このユーザーの他の記事を見る

看護師歴ン年。現在はまったり在宅ライター6年目。
たまにつぶやきます。卵焼きとチキン南蛮があれば充分です!

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • ゲーム
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス