中国の長期連休である春節が2月19日(木)から始まることにより、多くの中国人が日本を訪れています。例年この季節になると中国人が家電量販店などで、高額商品を大量に購入しているシーンがニュースなどで流れますが、今年も中国人の「爆買い」が早くも話題になっています。

春節とは

春節(しゅんせつ)とは旧暦の正月である。中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国や台湾のみならずシンガポールなどの中華圏国家では数日間の祝日が設定されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

日本のお正月とかゴールデンウィーク的な期間です。

約1週間は旧正月のお休みで、中国国内で民族大移動が行われ、日本にも多くの中国人旅行者がやって来ている。

出典 http://toyokeizai.net

例年膨大な経済効果があると多くの日本企業が躍起になって販促を頑張ってます。

来日中国人の平均予算

春節で日本に訪れる中国人一人あたりの買い物予算は、およそ20万円強。もちろん航空券などの交通費や、ホテル料金などは含まれていません。中国の方が日本で買い物のために費やす金額が20万円強ということです。

今年は円安ということもあり、昨年以上の爆買いが期待できそうです。銀座の百貨店松屋では、免税カウンターを2倍に拡大。松坂屋では888万8888円の超高級福袋など総額10億円を春節のために備えました。

中国・広州から家族で来日した何偉聡さん(19)はIH炊飯器や腕時計「Gショック」など30万円分を買い、「満足いく買い物ができた」と話した。

出典 http://news.mixi.jp

19歳で30万円をポンと出せる中国、凄まじいですね。っていうか、19歳でIH炊飯器って必要なんですかね(笑)

1人あたり購入単価で最も高いのが、「カメラ・ビデオカメラ・時計」の約8.1万円。次に「電気製品」が約5.2万円、「服・かばん・靴」が4.9万円となっている。

出典 http://toyokeizai.net

「予算なんて無いわ!良いものがあれば何でも買うわ」

取材した “爆買い” 中国人は言葉の通り、高級品や家電などを山のように購入していました。

出典 https://www.facebook.com

「カメラを買います。予算に制限はありません」

出典 http://news.tv-asahi.co.jp

なぜ温水便座...

中国人の爆買いは各地で見られており、彼らの多くは予算の上限を設けずにいいと思ったものを無限に購入していくようです。

爆買いの人気商品は意外にも、日本製の温水便座や炊飯器。中国の住宅環境ではほとんどの場合で、温水便座を設置できないそうです。それでも中国のネット販売で3倍以上の値段がつくため、転売目的で購入していく人が絶えなくなっています。

やはりマナー意識が問題に

中国人に限らず来日外国人観光客のマナー意識が問題になっています。近年中国人観光客のマナーで問題になっているのが、「集合時間を守れない」ということです。

観光客の多くは添乗員がついてくれるバスツアーを利用して、各地でショッピングを楽しんでいます。なんと、彼らはこのバスの出発時間に集合するというルールを守るのが難しいそうです。

中国では定刻に行動する習慣が薄いため、20分程度の遅刻は当たり前。都心部でのバスツアーは、バスの駐車時間に限界があるため、時間を大幅に超えてしまうと待つに待てない状態になってしまいます。警察も取り締まりの手を緩めないつもりらしいので、この春節期間中に多くの問題が発生してしまいそうです。

この記事を書いたユーザー

のむりっしゅ このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局公式ライター。都内の某大学を2015年に卒業し、4月から広告代理店でわっしょいする予定の1992年生まれ系男子です。モテたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス