世の中には、40代を過ぎても恋愛を謳歌し、20代の女性たちから“ステキなおじさま”ともてはやされる男性がいる。一方で、普通にしているつもりでも“マジでキモいオヤジ”と認定されてしまう悲しい人も存在する。

もし、当たり前に取っているつもりの行動が「キモさ」そのものだとしたら…?この遠く深く埋めがたい「キモい」と「モテ」の溝を埋めるべく、美女たちに指南してもらった。

■今回のアドバイザー 古本屋勤務 Tさん 25歳

本が大好きなTさんは、神田の古本屋に勤務中。そのかたわらでは、赤文字系のファッション雑誌で読者モデルもしている。好きな男性のタイプは、遠藤憲一と白髪混じりになった豊川悦司のような人。

Tさん「私にとって40代は全然、恋愛の対象になりますよ。でも出会ってすぐの時点で“アリ”“ナシ”に振り分けてしまってるかも。だいたい恋愛対象にならない人は、“THE・オヤジ”って感じでちょっと苦手かもしれません。これは見た目じゃなく、雰囲気とかなんですよね」

私服は“何でもいい”を卒業して!

Tさん「私が今付き合ってる人は、52歳のサラリーマンです。本のフリマで知り合った男性なんですけど、ホントに歳を感じさせない素敵な人!

自分の親と同じ年齢くらいの男性と付き合うのは、自分でもびっくりです。でも、のんびりした雰囲気がステキだし、オヤジ特有のイタさがないから年の差は気になりません。

きっと彼は俗に言う“モテオヤジ”だと思います。見た目は白髪があって、普通のスーツを着てるサラリーマン。でも、私服のセンスがいいんです!

シンプルなニットにジーンズ、そしてダッフルコートにスニーカー。オヤジ感がないし、頑張りすぎてないってところが好感度大でした。

私の場合、おじさんに対して一気に引いちゃうのは、私服で若い子ぶったり、小さいセカンドバッグを持つこと。時代を感じちゃうんですもん(笑)。

今っぽい格好をしてほしいのではなく、自分に合ったファッションをしていることが重要。あとは“私服は何でもいい”って思わないことが大切だと思います」

20代女子がホントに嫌がるオヤジの発言

Tさん「反対に会った瞬間に“キモいオヤジ”に分類してしまった人もいます。お店の常連さんに、ものすごいアプローチしてくる人がいるんですが、まともに話すのも嫌。

まず、オヤジギャグばっかり自慢気に言うのはホントにやめたほうがいいですね。しかも、“今のオヤジギャグになっちゃうね”って自分でツッコむ…。

はっきり言って、女性は恋愛に面白さや笑いを求めてるわけじゃないので、ギャグを披露しても、ぜーんぜん意味がないと思います。そりゃ、ちょっとした会話で笑えるならいいけど、爆笑させてほしい願望は一切ないです」

言葉のエロさはキモいに直結する

Tさん「読者モデルの仕事でたまに会うカメラマンさんがいるんです。その方は、いわゆる“エロオヤジ”。こういう人は、キモいを超えてドン引き!撮影現場で、エロい発言を連発するんです。

『いい香りの香水だね』でやめとけばいいのに、『今夜、男と会うんでしょ。何すんのー?』って言うんです。遠回しな言い方だから、余計に“キモいなぁ”って。背筋が凍るというか。

男性に必要な“エロさ”は、仕草や雰囲気!例えば、エスカレーターで上がる時は、女性を前に行かせてあげて男性は下に乗る。この時の距離感や振り返った時の顔の近さに“エロさ”を感じるんですよ、女の子は。

あとは、飲んだ帰りに無言で手をつないでくれるとか。下ネタまじりのトークじゃなく、男を感じるアクションをしてください」

最後にアドバイザーからひと言

「言葉よりも雰囲気や行動で“エロさ”を伝えるのがモテオヤジ」

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス