「iPhoneで天気チェックしよー…って、“ほこり”?」近頃iPhoneの天気予報アプリで“ほこり”という予報が出てくるとネットで話題になっています。“ほこり”ってどんな天気なんでしょう?他にもあまりお目にかかれない“iPhoneのおもしろ天気予報”を集めました。あなたは見たことありますか?

今日の天気は“ほこり”です!?

千葉県酒々井町の天気が“ほこり”になっています!“ほこり”ってもう天気じゃないんじゃ…?と思いますが、天気予報アプリが壊れているわけではないんです。

新宿でも!“ほこり”とはどんな天気のことを指すのでしょうか。

“ほこり”は煙霧のこと?

“ほこり”とは、天気記号表にもある煙霧のことを指しているのではないかと思われます。

煙霧(えんむ、英:haze、ヘイズ)とは、目に見えないほど小さい乾いた固体の微粒子(エアロゾル粒子)が空気中に浮いていて、視程が妨げられている現象のこと。

出典 http://ja.wikipedia.org

ちりや砂埃が舞っているときなどを煙霧と言います。そのため強風の日に“ほこり”と表示されることが多い様子。意味を知っていると“ほこり”は端的でわかりやすい表現かもしれませんね。

海外でも“ほこり”の日がある

“ほこり”の表示が見たい!という方は、海外の天気予報をチェックしてみてはいかがでしょう。

変わった予報は他にもあった

このマーク、何?

関東ではあまりお目にかかれない大雪マーク。”いっぱい振ってます”という雰囲気
を出していますね。

これは…。“氷点下くらい寒いですよ”マークでしょうか…?

“風に注意!”のマークだそう。このマークだと緩やかな風に見えちゃいます(笑)。

滅多に見れないレア天気

“ほこり”だけじゃなくて“もや”もあるんです。霧よりは見晴らしがいいですが、視界が霞んでいるくらいの天気をもやと言います。

出典 https://twitter.com

“大体曇り”の大体ってどのくらいなんでしょうか…。

東京では雪が降ること自体稀なうえに、“みぞれまじりの雪”と細かく表示してくれています。これはレアですね。

“地吹雪”になると背景の雪が真横に吹雪いているそうです。芸が細かい!

“落雷”かっこいいですね!天気は嫌ですが見れると嬉しくなっちゃいそうです。


iPhoneを持っている人は毎日天気予報を確認するのが楽しみになりますね。注意して見ていると面白い記号や天気予報に出くわせるかもしれませんよ!

この記事を書いたユーザー

Spotlightトレンド編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。最新トレンドに関する記事をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス