この季節にはめっきり使われることのなくなる製氷皿。実はそれ、小分けに出来て冷凍できるとあって、便利な使い方が色々あるって知ってましたか?氷を作るのはもちろん、捨て方に困る余ってしまった調味料の保存や、フルーツ入りカクテルスイーツおしゃれな一口フードなどを量産することができちゃうんです。早速、知っておくと便利な製氷皿の使い方をお伝えします♥

まずは氷として!

氷を作る際、製氷皿にアイテムをちょい足しして作る“オシャレ氷”。たった一入れするだけなのに、グラスに映えるフォトジェニックなアイスキューブが完成です。

1. グラスウォーターも涼やかになる、ミント氷

出典 http://cookpad.com

「何飲む?」「水でいいよ」そんな何気ないやりとりで出してもらった水がこんなミント氷入りの水だったら、細やかな気遣いに思わず感動しちゃいませんか?こんなにフォトジェニックなのに、ミントを入れるだけで、あとは普段の氷を作る要領で出来てしまうカンタンさも高ポイントですよね。小さく切ったレモンを入れてもいいかも!

【材料】

・ミント…適量

・水…適量

・お好みの形の製氷皿

【作り方】

1. 製氷皿に水を入れ、一つひとつにミントの葉を入れる

2. 冷凍庫で凍らせたら、出来上がり

2. 子どもも喜ぶ♡HARIBOグミ入り氷

出典 http://cookpad.com

子どもがいる家庭や、ちょっとPOPな色使いが好きな方にはこちらのHARIBO氷なんていかがでしょうか?クリアキューブの中に入ったビビットカラーのベア…まるでおもちゃのような可愛らしさですが、完全に凍ると白濁してしまうので、そのさじ加減がポイントになりそうです。

【材料】(製氷皿のブロック分(15))

・HARIBO…小1袋

・天然水…100cc

【作り方】

1. HARIBOを1個ずつ製氷皿のブロックに入れる

2. こぼさないように注意しながら水を流し入れる

3. 冷蔵庫に入れしばらくすると、HARIBO氷の出来上がり

沸騰させて冷ました水や純度の高いミネラルウォーター作ると比較的透明な氷が作れるそう。

氷自体に甘みがつくので、水に入れるよりも舐めながら食べるのがオススメです。

3. ちょっとビターな味わい♪コーヒー氷

出典 http://pecolly.jp

氷=水で作るもの、と思っていませんか?水のかわりにコーヒーを製氷皿に入れれば、ミルクと好相性のオシャレなコーヒーアイスキューブが出来ちゃいます。ほんのりビターな味わいは、甘いものが苦手な男性にも受け入れられそう。

【材料】(1トレー分)

・インスタントコーヒー…大さじ1

・砂糖…小さじ2

・お湯…300cc

・牛乳…適量

【作り方】

1. お湯にコーヒーと砂糖を溶かし、冷ます

2. 1. を製氷トレーに流し込み、冷凍庫で冷やし固める

3. 2. をコップに入れ、牛乳を注いだら、出来上がり

これはコーヒー氷×牛乳のレシピですが、そのほかアルコールとも相性抜群。

ウィスキーやブランデー、ラム酒、シェリー酒、コワントロー、カルーアリキュール、バナナリキュールなどとも合うので、お酒を飲まれる方はぜひ一足ししてみてはいかがでしょうか?

プチ・スイーツとして♪

製氷皿の一口サイズを活かして、ミニマル感が可愛いデザートを作りましょう!基本は“流し込んで冷やすだけ”なのに、繊細な表情のスイーツができてしまう便利ワザですよ♪

1. 板チョコ1枚でハート型チョコ

出典 http://ameblo.jp

手間がかかりそうなイメージの手作りチョコも、流し込んで冷やすだけでこんなにキュートなチョコレートが完成しちゃいます。ハート以外にも、好きなデザインの製氷皿を選んで使えば、見た目にも楽しいプチスイーツの出来上がり。

【材料】

・板チョコ…1枚(55g~58g)

・チョコペン(お好みで)…ピンク

【作り方】

1. 板チョコは細かく割り、電子レンジで加熱して溶かす

2. チョコペンで2色にする場合は、先にチョコペンを少量流し込み、その上から1.を流し込む

3. 冷蔵庫で冷やし、固まったら出来上がり

2. ジュースを流し込んだら即席シャーベットに!

出典 https://jp.pinterest.com

こちらはジュースを流し込んで冷やすだけで完成する、カンタンすぎるシャーベット。おやつとしてはもちろん、ワインやカクテルなどに入れて少し甘めのお酒を作るのもおすすめ。

【材料】

・お好みのジュース…適量

【作り方】

1. ジュースを製氷皿に多めに流し込む

2. 冷凍庫に入れて、凍ったら出来上がり

3. 出しづらい時は、爪楊枝で端をほじるととれやすくなります)

3. イチゴが覗く、ラブリーなチョココーティング

出典 http://www.cheaprecipeblog.com

ミニサイズチョコの上から顔を出すイチゴが愛らしい一口スイーツ。色合いも春先にピッタリな、旬レシピです。

【材料】

・イチゴ…1パック

・板チョコレート…適量

【作り方】

1. チョコレートを電子レンジで溶かして、製氷皿の2/3まで入れる

2. その上にイチゴを入れる

3. 最低1時間、冷凍庫で凍らせたら、出来上がり

4. コロンとした形が愛らしい手まり寒天

出典 http://cookpad.com

丸型の製氷皿を使えば、寒天もコロンとより一層愛らしい形に♪女子会にもっていけば、可愛くヘルシーなスイーツとして注目の的になりそうです。

【材料】

・粉寒天…1袋(4g)

・水…500cc

・砂糖…大さじ2

・丸型製氷皿…1つ

・イチゴ、キウイ、みかん缶…適量

【作り方】

1. 好みのフルーツを小さく切る

2. 鍋に分量の水と粉寒天を入れ、かき混ぜてから中火にかける

3. 泡がたってきたら、かき混ぜながら更に2分ほど沸騰させる(ふいてきたら火を弱める)

4. 製氷皿にフルーツを入れる

5. 粗熱がとれた寒天液を流し込み、ふたをして冷やしたら、出来上がり

6. 温めた牛乳に溶かして…ホットチョコスティック

出典 https://jp.pinterest.com

そのまま食べればオシャレなチョコスイーツとして、温かいミルクに溶かしこめばホットチョコレートとして頂けるホットチョコスティック。木製カトラリーは100均でも買えるから、お手軽にオシャレなホットチョコスティックができちゃいますね。プチギフトにしたら喜ばれそう!

【材料】

・チョコレート…100g

・カカオパウダー…大さじ1

・粉砂糖…大さじ3

・トッピング(お好みで)

【作り方】

1. チョコレートを湯煎にかけて溶かす

2. カカオパウダーと粉砂糖を混ぜ入れる

3. 製氷皿に流し込み、完全に固まる前にスプーンを刺して立たせる。トッピングを添えたい人は、トッピングを載せる

4. 冷やして固まったら、出来上がり

おかずとしても◎

製氷皿は、何も氷やスイーツを作るだけじゃなく、おかずだって作れてしまうんです。冷やして固まるのを待つだけだから、「あともう一品!」の時に大助かりですね。

1. 話題の冷凍玉子も製氷皿でカンタンに

出典 http://cookpad.com

冷やすだけなのに「もちもちクリーミー!」になると評判を呼んでいる話題の冷凍玉子も製氷皿で作れてしまいます。オシャレな器に盛り付ければ、これだけでハズレなしの逸品メニューが完成しますよ。

【材料】

・卵…必要なだけ

【作り方】

<白身と黄身をといて固める、「かきまぜ玉子」の場合>

1.  卵をよくかき混ぜて製氷皿に流し込む

2.  製氷皿を冷凍庫に入れ、固まったらジップロックに移し、冷凍保存する

<白身と黄身をわけて保存する「まるごと玉子」の場合>

1.新鮮な卵を割って黄身と白身にわけ、大きめ氷用の別の製氷皿に1個分ずつ分け入れる

2.製氷皿を冷凍庫に入れ、固まったらジップロックに移し、冷凍保存する

※まるごと玉子は、単体だと食べづらい白身が残りやすい。あらかじめ白身をかきまぜ玉子の方へ混ぜてしまうのも手です。

※かきまぜ玉子は調理してつかう為、少々古い卵でもOK。まるごと玉子は生のまま頂くので、なるべく新鮮な卵を使うのが理想です。

2. ホームパーティに大活躍なピンチョスゼリー

出典 http://cookpad.com

“手が込んでいてオシャレ”。そんな印象を与える、パーティフードの名脇役といえばゼリーのピンチョス。器用な指さばきでしか作れないものなのかと思いきや、意外と製氷皿でカンタンにできてしまうんです。

【材料】

・コンソメスープ…300cc

・粉ゼラチン…10g

・具材…お好みで

【作り方】

1. 粉ゼラチンは水(分量外)でしとらせておく(しっとりとさせておく)

2. コンソメスープを沸騰させない程度に温め、ふやかしたゼラチンを入れて溶かす

3. 水で濡らした製氷皿にスープを流し入れ、お好みの具材を入れる

4. 冷蔵庫で冷やし固めたら、出来上がり

その他、保存にも…!

1. ハーブオイルを冷凍して固形調味料に

出典 http://planetforward.ca

製氷皿に細かくちぎったハーブ類を入れ、オリーブオイルを流し入れて凍らせれば、固形調味料としてできあがり。分量も把握しやすいキューブ型だから、お肉料理やパスタなどの調理の際には重宝すること間違いなしです。

2. トマトソースは一口ピザを作る時に便利

出典 http://www.thecomfortofcooking.com

餃子の皮などを使った「一口ピザ」や、ミニサイズのバゲットがおしゃれな「ブルスケッタ」。ホームパーティでは登場回数が多いメニューですが、そのためだけにトマトソース缶を開けるのはもったいないですよね。そんな時、普段からこんな風にトマトソースを冷凍庫に保存してたらきっと役に立つはず!

3. 煮込み料理にポン!と入れたい赤ワインキューブ

出典 http://blog.pontewinery.com

なかなか飲みきれないボトルワインは、どうせだったら製氷皿に入れてアイスキューブにしてみてはいかがでしょうか?ワインキューブなら料理の際にも入れる量が計測しやすく、こぼす心配もないからお手軽ですよ。

いかがでしたか?冷凍庫内にあるあのアイテムが、こんなにも便利で使えるものだなんてちょっと意外ですよね。一口デザートから調味料保存までラクラクできてしまう製氷皿は、おもてなしやホームパーティ前の下準備に重宝しそう。ぜひご紹介したワザを使って、賢く楽しく、料理を楽しんでくださいね♪

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス