赤ちゃんを産むための「妊活」に専念するために昨年から休業していたお笑いトリオ森三中・大島美幸さんが、2月15日放送の「世界の果てまでイッテQ」の番組内で妊娠を報告しました。

たんぽぽの川村エミコ宛に手紙

同番組企画の寒中水泳に挑戦する、たんぽぽの川村エミコ宛に励ましの手紙を送り、手紙の最後に、「追伸、妊娠しました。今、止められない食欲と戦っています。」と妊娠を報告。現在、妊娠6ヶ月の安定期に入っているそうです。

夫の鈴木おさむ氏、アメブロで妊娠を報告

タイトルは『ご報告??』

みなさまへ
みなさまへ、ご報告があります。
この度、妻のお腹に赤ちゃんを授かることが出来ました。
只今、妊娠6ヶ月。
昨年、2014年5月に、妻が妊活休業に入りました。

鈴木おさむ氏は、妊活をはじめた当初、妻が子宮筋腫をUAE手術をしたこと、タイミング法をはじめ人工授精をしていたことなどを赤裸々に綴っています。

子宮筋腫が小さくなり始めてから、お医者さんと相談してタイミング法を始めました。僕の精子を検査した時に、精子の運動率があまりよくなかったりしたもので、それもあって早めの人工授精をすすめられました。

そして。その人工授精により、妻が妊娠することが出来ました。

出典 http://ameblo.jp

男性の精子の運動率が低いことは稀によくあります。妻の子宮の状態などを観て、タイミング法と人工授精をすすめられたようです。

過去に自然妊娠で2回流産・・・辛い体験を告白

妊娠してるとわかった時、嬉しい気持ちも当然ありましたが、複雑な気持ちもありました。妻は過去に二回流産しています。二回とも自然妊娠で、しかも二回目の妊娠の時は双子の子でした。

この経験により、今回の妊娠を聞いた時に、嬉しい気持ちもある反面、正直、また妻に悲しい思いをさせたくない!という気持ちが大きかったのも事実でした。おそらく僕以上に妻の方が、その気持ちはあったはずです。

出典 http://ameblo.jp

妊娠して6週目の時、大島美幸が主演した映画「福福荘の福ちゃん」のプロモーションの仕事がありました。この役は、丸刈りでおっさん役に挑戦。この映画の宣伝の時に、妻のお腹に赤ちゃんがいたとは不思議だ・・・、と密かに思っていた様子。

妻が妊活に入り、あらためて、妊活とは妻と夫、夫婦二人で色々と考えて話すことが大切なんだと感じました。

僕の精子の運動率が悪かったことを知ってから、いろいろ調べたり人の話を聞いていると、妊娠出来なかったり、流産してしまったりするのも男性にも結構理由があることとか分かったりしました。

僕も自分の精子の状態を知ってから、食事や生活の面で変えたことや意識したことも沢山あります。だから、その現実をもっと多くの男性に知ってほしいなと思ったりしてます。

出典 http://ameblo.jp

夫婦で妊活を宣言した以上、隠すことは何もない

人工授精による妊娠であることについて、周囲は「そこまで言わない方がいいのでは?」という人もいたようです。でも、夫婦で妊活を行っていると宣言した以上、隠すことではないと思い、発表を決断したそうです。

妊活は、夫婦ラブラブでなければできない

ちなみにですが、僕らは人工受精を行った日には、いつもより、抱きしめあったり沢山イチャイチャしたりしました(笑)

出典 http://ameblo.jp

ごちそうさまー。人工授精の後には、ラブラブするとより妊娠率がアップするようですよ。

夫婦で改めて妊活や出産について考えさせられた

胎動を感じ、お腹の子に話しかけている顔を見ると、本当に良かったなと思います。もちろん、出産するまで、出産時も、なにが起きるか分からないので、油断はせず、大切に大切にこの時間を過ごしたいと思っています。

そして。妻だけでなく、僕も、あらためて妊活とは、出産とは?ということをもっと考えて、僕なりの方法で世の中の男性の方にも、いろいろ伝えられたらと思っています。

出典 http://ameblo.jp

妊活をしているブロガーに励まされた、そして感謝。

本当にありがとうございます。このブログを見てくれる方の中にも、妊活をしている方がとても多いです。そんな方々の言葉に励まされた僕たちです。感謝。

感謝とは、言葉が射すことを感じるから感謝だと聞いたことがあります。皆さんの言葉が、沢山射さり、感じました。感謝です。妻も僕も皆さんのことを本当に心から応援させていただきます。

今はとにかく。妻が元気に元気な赤ちゃんを産んでくれることを強く強く願って。


鈴木おさむ
2015年 2月15日

出典 http://ameblo.jp

鈴木おさむさん、大島美幸さん、ご懐妊、本当におめでとうございます!実は、筆者も不妊治療の経験があります。人工授精のステップを踏み、体外受精に挑みました。3度の挑戦をしましたが、残念ながら妊娠にはいたりませんでした。妊活は、長期戦になることが覚悟です。

女性側の方が、検査や治療に通う体力、精神力が必要です。それを支えるのが夫の役目なんですね。夫婦が仲良く、そして、お互いの協力なしでは妊活は続けられません。

近年は、子どもが欲しくてもなかなか授からない夫婦がたくさんいます。鈴木さんの人工授精の告白は、妊活夫婦に勇気と希望を与えてくれるでしょう。出産予定日は6月上旬だそうです。おふたりの元気な赤ちゃん誕生が待ち遠しいですね☆

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス