ミニチュア・シュナウザー犬の「シシー」

出典 http://abc7.com

アイオワ州に住むナンシー・フランクさんは二匹の「シシー」と「バーニー」というミニチュア・シュナウザー犬を飼っており、夫と娘とこの二匹の犬と仲良く暮らしていた。

しかしある日飼い主のナンシーさんが、がんの治療の為、20ブロック(1ブロックは150~200m)離れた病院に入院する事となったのだ。

自宅を飛び出して病院までたどり着いたシシー

出典 http://www.today.com

ナンシーさんが入院してから2週間たったある日、二匹の犬のうち「シシー」が自宅から姿を消したのだ。

シシーはどこに行ったのか?

そう家族は心配したのであったが、シシーは何と、ナンシーさんが入院している病院に現れたのだ!

病院の防犯カメラにはシシーの姿が捉えられており、複数あるエレベーターの前で成すすべなくたたずんでいる所を病院のスタッフに保護されたのだ。

首につけられていたタグから、自宅に連絡が行き、シシーがナンシーさんの飼い犬だという事が判明したのだ。

「嗅覚」だけだ頼りだった。

出典 http://abcnews.go.com

シシーはなぜナンシーさんがいる場所がわかったのか?

それはただ一つ「嗅覚」だけが頼りだったのだ。

自宅から病院までは4時間ほどかかってたどり着いたとみられている。



どうしても会いたかった。

出典 YouTube

※動画はシシーの事を伝えるニュース映像

ナンシーさんの夫デールさんは病院から連絡があった時の事をこう話している。

「シシーはこれまで逃げたことがなく、本当にびっくりしました。妻だ入院している病院には一度も連れていったことがないのに、よく居場所がわかったと感心しています。」

病院まで匂いを頼りに飼い主を見つけたシシー。

シシーは自宅に帰る前に飼い主のナンシーさんに会う事を許され、念願の対面を果たしたという。

ナンシーさんは「まさか会いに来てくれるとは思わなかった!嬉しいし闘病生活に勇気をもらえたわ!」と地元の取材に対し答えているという。

ミニチュアシュナウザーは好奇心旺盛で優れた嗅覚を持っている。

しかし、見事ナンシーさんのいる病院までたどり着いたシシーの嗅覚と行動力には驚かされる。

シシーとナンシーさんが強い絆で繋がっていた事が生んだ奇跡のストーリーだ。

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス